「図書館文献調査」カテゴリーアーカイブ

斗南藩士の先祖調査録

「斗南藩に関する本を読んでいたら自分の先祖と同じ名前が出ていたので同一人物かどうか調べて欲しい」というご依頼をいただきました。

既に戸籍は取得済であったものの、古いものは残念ながら廃棄されておりました。しかし、調査対象となる方の出生死亡日や父母のお名前は幸いにも戸籍に記載されておりました。
江戸時代に先祖が武士だった場合、「当家の先祖は侍だった」「○○藩の士族だった」という言い伝えが残っていることが多いです。しかし、例えば父や祖父が早くに亡くなっていたり、例えば父も祖父も分家した家系では先祖伝来の言い伝えが伝わらないことも珍しくありません。親戚が少なく家系のお話しを聞ける人がいないといった事情もあるかもしれません。これは先祖伝来の家紋がわからない、先祖代々の古いお墓がわからないことと同様の事例だと思います。
今回の案件においても、ご依頼者様自身には「先祖が武士だった」とも「武士ではなかった」とも伝わっていませんでした。

斗南藩とは?
明治2年(1869年)に松平容大に家名存続が許されて成立した青森県の東部にあった藩です。旧会津藩士が斗南藩に移住し成立しました。

今回の案件はさかのぼる調査でも、ある特定の先祖について詳細を調べる調査でもありませんので、斗南藩士に関する記録を探していくことにいたしました。斗南藩士に関する記録がどれほど残っているか、どのようなことが書かれているかがキーポイントになります。また、元々は会津藩士だった方々が明治2年に斗南藩士となったわけですから、必要に応じて会津藩士に関する記録も探していくことになります。

斗南藩士と会津藩士に関する書籍や資料として、下記のものなどを国会図書館で閲覧することが出来ました。
・「斗南藩 : 「朝敵」会津藩士たちの苦難と再起」
・「会津藩斗南へ : 誇り高き魂の軌跡 新装版」
・「会津若松市史史料目録 第4集」
・「会津若松史」
・「明治の士族 : 福島県における士族の動向」
・「要略会津藩諸士系譜 」
・「会津藩士人名辞典 : 役名禄高住所明細 安政5年調」
・「会津史談会誌 」
・「五戸町誌 」
・「神谷源蔵 : 明治初期の村政と旧斗南藩士」
・「斗南藩史」

斗南藩に移住した方のお名前の他に父の名前や家族構成、年齢などの詳細も書かれている資料もありました。ご依頼者様の先祖と同じ名前の方とは父の名前や年齢や家族構成などの全てが異なっており、またその地区においては旧斗南藩士は廃藩置県後に会津に戻っていったことなども書かれておりました。つまり、同姓同名の別人であることが判明しました。

ご依頼者様の先祖は残念ながら斗南藩士でなかったという結論に至ったのですが、それでもご依頼者様からは「これまで気になっていた家系の謎が解けてすっきりしました」というご感想をいただくことができました。さらに、亡き父のことが書かれていた郷土誌も見つけること出来、お喜びいただける調査結果となりました。

斗南藩士に関する記録は現地の青森県や、もともとの藩である会津藩があった福島県のほうが多数残っていることだと思います。しかし現地に行かずとも書籍化された資料も多く存在しますので、国会図書館でも調査を行なうことが出来ました。

続きを読む 斗南藩士の先祖調査録

二宮金次郎

以前に家系図を作成したかたから「二宮金次郎と先祖との関わりについて調べて欲しい」というご依頼をいただきました。

二宮金次郎とは?

天明7(1787)年に小田原市栢山の農家に生まれ、小田原藩士の服部家の財政を再建したり多くの村々の立て直しをおこないました。小田原藩の桜町領の再興にも取り組み、安政3(1856)年に栃木県日光市で亡くなりました。
薪を背負いながら書物も読んでいる銅像を見たことがあるかたも多くいらっしゃると思います。

報徳博物館

学芸員さんにお話を伺いに報徳博物館へ足を運びました。 参考になりそうな書籍などを多数教えていただきました。
博物館内には二宮金次郎ゆかりの品々が展示してあり、大きく印刷された二宮家の家系図も展示してありました。

報徳記念館

小田原市栢山にある報徳記念館にも足を運びました。二宮金次郎の生家が敷地内にあります。ここでも学芸員さんから展示物などについていろいろと教えていただき、ボランティア解説員のかたからもお話をうかがうことが出来ました。
かつて二宮金次郎が酒匂川沿いに植えたとされる松についてもお話しをうかがいました。私の小学校時代「酒匂川の氾濫を防ぐために二宮金次郎が松を植えた」と習いましたので、松を植えることによって川の氾濫を防いでいたと思っていました。しかし、松の木や根っこ自体が堤防決壊を防いでいたのではなく、酒匂川が氾濫もしくは氾濫しそうになった時に松を切ってしまい、その木材を使って堤防決壊を防いだり決壊した堤防を直すことに使用していたそうです。とてもよいお話しを聞くことができました。

小田原図書館

「二宮金次郎と善栄寺」という書籍を見つけることが出来ました。善栄寺は小田原市栢山にあるお寺で、二宮金次郎のお墓があるお寺です。
弘化2(1845)年に善栄寺が火災に遭い本堂が焼失したことが記載されており、二宮金次郎と善栄寺とのお手紙をみつけました。二宮金次郎は弘化2(1845)年時点では既に栢山を離れておりますので、二宮金次郎の書面による指導のもと善栄寺檀家が団結して善栄寺再建をおこなっていったことが読み取れました。

二宮法務局

二宮法務局

たまたま同じ「二宮」ですが、二宮法務局にも足を運び旧土地台帳や旧公図などの調査をおこないました。
しかし、対象地の旧公図は大正時代以降に編製されたものしか無く、旧土地台帳からは手がかりを得ることはできませんでした。

善栄寺

善栄寺

小田原市栢山の二宮金次郎生家近くに善栄寺というお寺があり、そこには二宮金次郎のお墓があります。

二宮尊徳全集

二宮尊徳全集

全36巻。二宮金次郎の日記や手紙などが掲載されており、二宮金次郎について学ぶことの出来る全集となっています。辞書のようにとても膨大な分量で、すべてを閲覧するには相当な時間がかかりました。
栢山村の名主の家々にかつて存在したであろう古文書は小田原市の郷土誌からはあまり見つからなかったのですが、この二宮尊徳全集には江戸時代の栢山村や周辺の村々の様子が読み取れる古文書や資料が多数掲載されていました。
二宮総本家再興の記録、婚礼ご祝儀帳、伊勢参宮の記録など多数の記録があり、周辺の村の方々との交流の記録の中から依頼者様の先祖のお名前も多数見つけることが出来ました。

最後に

私は小田原周辺で生まれ育ちましたので、二宮金次郎は小さい頃からなじみのある郷土の偉人でした。
二宮金次郎の偉業についてはここでは省略しましたが、半年にわたる調査で私もたくさんのことを知ることができました。二宮金次郎をより身近に感じることができた調査活動であったと同時に、その偉業をあらためて再認識することができました。

映画「二宮金次郎」

二宮金次郎

市民会館や公民館での上映ですが、映画「二宮金次郎」が公開されています。主演の合田雅吏さんは実は私の高校の5つ上の先輩だったりします。機会があれば私も見に行きたいと思っています。

映画「二宮金次郎」公式サイト

「諸向地面取調書」について

先祖が幕臣だった場合、様々な方法で資料探しをすることが出来ます。「 諸向地面取調書 」(しょむきじめんとりしらべしょ)もその1つです。

「 諸向地面取調書 」とは 大名や幕臣の屋敷に関する調査書です。大名や幕臣などは、江戸市中の自己の屋敷の所在地や坪数などを幕府の「屋敷改」(=幕府の役職)に提出しました。その記録を閲覧することが出来ます。

「 諸向地面取調書 」の人名索引が国立国会図書館デジタルコレクション内のPDFで閲覧することが出来、本文については国立公文書館デジタルアーカイブにて多くが公開されておりネット上で閲覧出来ます。記録は安政3年のもののようです。

国立国会図書館デジタルコレクション 「 諸向地面取調書 」
国立公文書館デジタルアーカイブ 「 諸向地面取調書 」

当時を知ることが出来る貴重な資料だと思います。

先祖調査に国立公文書館を活用しよう

先祖が幕臣だった場合、様々な方法で資料探しをすることが出来ます。その中の1つに国立公文書館デジタルアーカイブというものがあり、目録の中から先祖のお名前を見つけられる可能性があります。

先日、国立公文書館デジタルアーカイブでご依頼者の先祖の名前を検索してみると該当がありました。
出典元は 多聞櫓文書となっておりますのでおそらくは幕臣に関する文書で、内容は跡目に関するもののようです。

国立公文書館デジタルアーカイブ ではネット上で閲覧できる城下絵図や古文書などもありますが、個人資料に関しては多くが目録のみになっておりその中身まではネット上では閲覧することが出来ません。
利用制限が「公開」となっているものについては、利用決定がなされた後に郵送にて資料を取り寄せできるものもあります。

該当資料の目録発見から実際に資料を取得するまでの工程は少々複雑ですが、大まかな流れとしては下記のようになります。

利用請求書を送る

利用決定通知書が届く

手数料等通知書が届くので振り込む

資料が届く

国立公文書館の詳しい利用方法については、国立公文書館の利用案内のページをご確認ください。

国立公文書館

ゆうパックで資料が到着。
利用請求から資料到着まで、このときは4週間ほどかかりました。しかし、古文書の内容を精査したところ、大変残念ながらご依頼者様先祖とは同姓同名の別人であるという結論に至りました。

国会図書館デジタル化資料が図書館で閲覧できます

家系図作成と先祖調査という仕事柄、国会図書館へは文献資料閲覧のためにちょくちょく出かけております。
国会図書館には開架(書棚に置いてあり自由に手にして見ることができる状態)になっている書籍はほんのごくわずかしなく、ほとんどは書庫に収蔵されています。

近年、国会図書館では書籍のデジタル化作業が進められており、デジタル化がなされていると、書庫から書籍を出してもらうのではなく図書館内のパソコンから閲覧することが出来ます。
書庫から書籍を出してもらうには冊数に制限がありますし、混雑時には1回あたり30分程度かかることもあります。
デジタル化されている資料の内、著作権が切れていたり承諾が得られているものは、インターネット上の国会図書館デジタルコレクションのサイトからも閲覧することが出来ます。

しかし、インターネット上から見られる書籍は全てではなく、デジタル化されていてもインターネット上に公開されていないものは原則として実際に国会図書館へと足を運ばなければなりません。
でがす、今では全国各地の公共図書館内からも閲覧できるサービスが始まっており、ここ最近はその図書館の数も増えているようです。

 

厚木図書館

神奈川県厚木市の図書館でもようやく国会図書館デジタル化資料が閲覧できるようになりました。

近々国会図書館へと閲覧しに行きたいと思っていた郷土誌が幸いにもデジタル化されており、これですぐに閲覧しに行くことができます。
ご依頼いただいているご先祖様調査や文献調査にかなり役立つ便利なサービスとなりました。

 

国会図書館デジタル化資料が全国のどこの図書館で閲覧できるかは、下記からご確認いただくことが出来ます。
図書館向けデジタル化資料送信サービス参加館一覧

また、見たい書籍がデジタル化されているかどうかは、下記から検索して確認していただくことが出来ます。
国会図書館デジタルコレクション

 

 

 

国会図書館での文献調査

先週の土曜日は国会図書館へと出かけて参りました。

開館時間は平日よりも短いですし多少混んでいますが、実は土曜日も開館しています。

 

国会図書館
都心のど真ん中でありながら無料の駐車場があります。開館直後でしたら余裕を持って停められますが、出来れば電車で行かれた方が確実かもしれません。

 

 

国会図書館
この日の調査は主に地図室で明細地図の収集。国会図書館には全国の明細地図がそろっており、閲覧やコピーをすることができます。
ご先祖様がかつて住んでいらっしゃった場所を特定するための調査や、既に特定できている場合には思いを馳せる資料として地図を眺めているだけでも感慨深いものがあるかもしれません。

 

 

国立国会図書館
図書館内には食道がいくつかあります。私は6階にある食道や売店をよく利用しています。食道からはスカイツリーも見えます。

 

 

国会図書館
前々から気になっていたのですが、国会図書館の地下1階には理容室があります。

 

 

国立国会図書館
のぞきに行ってみましたが残念ながらこの日はお休みでした。

 

 

 

国会図書館における文献調査

当事務所では戸籍取得による家系図以外にも、もっと様々な調査で徹底調査も承っています。調査プランは様々ですが、その中の1つの方法として国会図書館における文献調査もおこなっております。
これから家系図の作成を依頼してみようと思われているかたはもちろんのこと、他社様で戸籍調査のみをおこなっていただいたかたもご依頼いただけます。

詳しくは下記ページをご覧いただき、お気軽にお問い合わせください。

国会図書館文献調査ご案内のページ

 

 

 

国会図書館での文献調査に行ってきました

国立国会図書館

今日はあいにくの雨模様でしたが、朝から国会図書館へと行ってきました。
開館時間の9時半に到着予定が、大雨で大幅に電車が遅れ1時間遅れでの到着となりました。

ご先祖様のかつての本籍地をたよりに、現在の住宅地図を取得。しかし、町名地番が実施されているようであり、なおかつ同姓の方々は誰もいらっしゃらなかったので、かつての居住地までは特定することが出来ませんでした。

このような場合は、今後、役所へ町名地番変更について問い合わせたり旧土地台帳などを頼りに場所を絞り込んでいきます。
また、ご先祖様がかつて士族であったそうなので城下絵図なども今後に見るべき資料となります。

続きを読む 国会図書館での文献調査に行ってきました

地名は歴史の生き証人

地名は歴史の生き証人

家系図作成とご先祖様調査に関し、現地調査前におこなう文献調査では私は必ず角川の地名辞典を熟読いたします。
市町村合併も把握できますし、ご先祖様が居住していらした地域の概略がわかったり今後に見るべき古文書類などもわかったりします。
この書籍無くして現地調査はおこなえないほど、ご先祖様調査にはオススメな書籍です。

少し大きな図書館でしたらたいていは蔵書されていると思います。

この書籍のカバーの裏に書かれている「地名は歴史の生き証人」という言葉は私はとても大好きな言葉です。