MH のすべての投稿

家系図作成講座のお知らせ(2014年1月期の3回目講義)

平成26年3月15日(土)に家系図作成講座をよみうりカルチャー横浜において開講いたします。
今回は全3回のうちの第3回目です。

おかげさまで補講のご要望もいただき、第3回目終了後に第2回目の講座の講義も続けておこなうことになりました。

 

家系図作成講座テキスト
第3回目のテキストもようやく出来上がりました。

 

 

今後の家系図作成講座の日程などの詳細は下記ページよりご確認いただけます。
家系図作成講座ご案内のページ

 

 

 

家紋調査について

「自分の家の家紋がわかりません。家紋を調査していただくことはできますか?」

家紋調査依頼・家紋調査のご相談を多数いただいております。
当事務所では家紋調査もお引き受けいたします。

 

家紋の調査をするにはいくつかの方法がございます。

一番確実な方法は、墓石に家紋が刻まれていればそれを確認する方法です。
祖父の本家のお墓や曾祖父の本家のお墓など、本家筋の方々のお墓を確認することで家紋が判明することがございます。

 

ご先祖様のお墓に家紋が刻まれていない場合には、江戸末期にご先祖様が居住していらっしゃった場所の菩提寺で同族にあたる方々のお墓を確認することで、江戸末期から明治期にかけて使用していた家紋が判明することがあります。

ただし必ず判明するものではなく、ご先祖様がお墓を移設して菩提寺が不明な場合、宗教宗派や地域性・墓石が建てられた年代などにより墓石に家紋が刻まれていない場合もございます。

家系図作成と平行して家紋調査をおこなう場合には、まずは戸籍で可能な限りのご先祖様をさかのぼり、菩提寺の手がかりをさがすところからスタートいたします。
必要に応じ、戸籍から判明した遠縁にあたる方々に連絡をとりながら調査を進めていきます。
調査費用は、実際に現地に赴いて調査をいたしますため、江戸末期にご先祖様がどこに住んでいらっしゃったのか、菩提寺の場所がどこにあるのか、また、菩提寺がある場所をご存じでいらっしゃるのかにより異なります。

 

現地調査以外にも文献からも家紋の概要を調査することができます。
名字を参考に、良く使用されている代表的な家紋を調べたりすることができます。
また、地域を特定して、例えば「この地域の○○という名字は、○○の家紋を使用していた」というようなことも調べることができる場合がございます。
しかしながら、家紋はどのような絵柄を使用することも自由ですし、途中でかえることも自由です。分家した際に本家特別するために絵柄を多生変更したりすることもあります。

そのため、江戸末期から明治初期に使用していた家紋が判明したとしても、その後に変更したかどうかなどの詳細は分からない場合もあり、実際に調査をおこなってみないと判明するかどうかはわからないというのが実状でございます。

 

家紋調査のご用命、費用のお見積もり、ご相談は下記ページをご覧ください。
家紋調査代行ご案内のページ

 

 

 

全系統家系図

ここ最近、ボリュームのある全系統家系図作成に取り組んでおります。

全系統家系図作成のために必要な戸籍の通数や家系図に記載される方々の人数や、さかのぼれる代数はご依頼人様の年齢などにより大きく異なります。

現在取り組んでいますうちのひとつが、これまでに取得した戸籍が50通を超え、ご先祖様の出産時の年齢が代々お若かったこともあり家系図に記載される代数も最大で10代となる見込みです。
(記載できる代数が10代となることは本当にごくまれなことです)
全系統家系図、当事務所の一番のオススメです。

 

 

 

家系図作成講座のご報告(2014年1月期の第2回目講義)

平成26年2月15日は、家系図作成講座「家系図の魅力と作り方」全3回のうちの第2回目でした。

 

家系図作成講座

前日から関東に降り続けた大雪の影響で交通機関の影響も心配されましたが、無事に開催することができました。
大変お足元の悪い中、お越しいただいた皆様ありがとうございました。

第2回目と言うこともあり、たくさんのご質問が飛び交うとても良い雰囲気で講座を進めることができたと思います。

 

家系図作成講座
拡大戸籍で解説の図

次回は最終回の第三回目。平成26年3月15日です。
どうぞよろしくお願いいたします。

ご好評をいただいた家系図作成講座、まだ未定ではありますが7月期からも開講する予定です。
詳細が決まりましたら、またご報告いたします。

 

家系図作成講座ご案内のページ

 

家系図作成講座のお知らせ(2014年1月期の第2回目講義)

平成26年2月15日(土)に家系図作成講座をよみうりカルチャー横浜において開講いたします。
今回は全三回のうちの第二回目です。

 

第二回目からの受講も出来ますので、これから家系図を自分で作成してみようとお考えの方の受講を心よりお待ち申し上げております。

 

家系図作成講座ご案内のページ

 

 

 

家系図作成講座のご報告(2014年1月期開講)

平成26年1月18日(土)に第一回目の家系図作成講座をよみうりカルチャー横浜様において無事に開講させていただくことができました。

家系図作成講座 家系図作成講座

お越しいただきました皆様、誠に有り難うございました。

今回の講座は全三回となっておりますので、次回もどうぞよろしくお願いいたします。
なお、第二回目からの受講も出来ますので、これから家系図を自分で作成してみようとお考えの方の受講を引き続き心よりお待ち申し上げております。

 

 

当事務所では定期的に家系図作成講座をおこなっております。
詳しくは家系図作成講座ご案内のページをご覧くださいませ。

 

 

 

お客様の声(2014年)

 

 

家系図作成講座受講のお客様(2014年10月)
お客様の声
昔の戸籍を見て父や母の兄弟姉妹がずいぶん小さい時に亡くなっている事。
ほんとうに家族制度が現在とは変わっている事。例えば長男が家督を相続するので長男が他の職業を選べません。又、女性も若い内から花嫁修業なるよう育てられていたんですね。あらためて気がつきました。
江戸時代までたどれるとしたら、そんなに遠い昔ではなく、そしてそこで私達のご先祖様が実際に生活している姿を想像すると楽しい時間でもありました。
ほんとうに有難うございました。

 

 

家系図作成講座受講のお客様(2014年10月)
お客様の声
海外に4カ国16年滞在しましたが、日本の戸籍制度ほど素晴らしいシステムは無いと思います。戸籍=日本人のアイデンティティーとすら感じます。海外にあって初めて「日本人」を感ずることもあると思いますが是非自らも家系を伝うものを振り返ってみたいと思います。

 

 

大阪府のお客様(2014年5月)
お客様の声
家系図作成には興味がありましたが自分で戸籍をさかのぼって調べていくのは手間だし業者に依頼すると多額の費用がかかるので動かずに時ばかりが過ぎてしまいました。今回戸籍調査だけなら割安なプランがあったのでおもいきって依頼することにしました。今まで存在すらしらなかった親族の損罪も判明し良かったと思います。今後は菩提寺の記録や墓石を調べたりしていきたいと思います。

 

 

東京都のお客様(2014年5月)
お客様の声
愛知県のお客様(2014年5月)
橋本先生
先ほどレターパック届きました。さっそく戸籍を解読してます。
今まで謎だったことがいくつかわかり、依頼して正解だったと実感してます。
新たな謎も発生しましたが、これ以上はどうにもならないのでわかった範囲でまとめていこうと思います。
ありがとうございました。

○○○○

 

愛知県のお客様(2014年5月)
お客様の声

 

神奈川県のお客様(2014年4月)
橋本雅幸様
遅くなりましたがこの度はお世話になりました。
巻物家系図大変良い出来映えで、家族一同大変満足しています。
最後まで常に親切にしてくださり、本当にありがとうございました。
○○○○

 

三重県のお客様(2014年4月)
橋本様
お世話になります。
家計図は、本日届きました。
有難う御座いました。 大事にしたいと思います。
○○

 

兵庫県のお客様(2014年3月)
お客様の声

 

東京都のお客様(2014年3月)
行政書士 橋本雅幸様
家系図が届きました。有難うございます。

 

埼玉県のお客様(2014年3月)
行政書士 橋本様
この度はお世話になりました。
本日無事に受領致しました。
ご承知の通り少々複雑な家系でしたが相談にも応じて頂き、不明点も明らかになりまして満足しております。
ありがとうございました。
○○○○

 

東京都のお客様(2014年2月)
橋本先生様
お世話になっております。
本日、家系図を受領致しました。有り難うございます。
今回は、大変な御手数をお掛け致しました。この家系図を、今後の子々孫々に伝え続けていきたいと思います。本当に有り難うございました。
○○ ○○

 

東京都のお客様(2014年1月)
橋本先生
拝復
この度はお世話になりました。
先程、家系図一式を拝受しました。
大変意義深く拝見してます。
迅速かつ丁寧な対応に感謝してます。
系図作製の御礼と完了の旨、略儀ながらメールにて申し上げます。
先生の今後の御活躍を祈り上げます。
○○拝

 

北海道のお客様(2014年1月)
橋本雅幸様
御連絡ありがとうございます。
江戸時代まで知ることができて非常に満足しております。
週明けに振り込みさせて頂きます。
ありがとうございました。
○○

 

お客様の声のページに戻る

 

 

 

全系統家系図作りがおもしろい

先日、県立の図書館で借りてきた書籍や国会図書館でコピーしてきた資料を閲覧調査しております。

国会図書館文献資料

全系統家系図をご依頼いただいたこともあり、 戸籍では全ての系統でほぼ江戸末期出生のご先祖様までさかのぼることが出来ました。

文献調査はご依頼人様のご先祖様のうちのA家のみだったのですが、士族であったA家のご先祖様の資料である侍帳や分限帳などを集めるうちに、同じ資料からご依頼人様の別の系統であるB家やC家のことなど、A家のこと以外にもいろいろなことが一緒に判明してきました。
今回はご先祖様が同じ藩に所属していた士族であったため、調査する資料が同一であったからです。

このような例は過去にも多々あり、父方のご先祖様の文献調査をしていたら母方のことも文献に出ていたことや、父方と母方に共通のご先祖様がいたことが判明した、ということもございました。

人の移動が制限されていた江戸時代では、近隣の村々で婚姻する方々が多かったようです。
多くのかたが一番知りたいの同じ名字の父方ご先祖様であると思いますが、すべてのご先祖様をさかのぼる全系統家系図がやはり一番のお勧めです。

 

 

 

国立公文書館

国立公文書館サイト
http://www.archives.go.jp/

 

国立公文書館にはご先祖様調査に役立つ、実に様々な資料が保管されています。

デジタル化されている資料も多数あり、実際に赴かなくともパソコン上から閲覧出来る歴史資料なども多数あります。

先日見つけた城下絵図を、今週はじっくりと閲覧したいと思っています。