「家紋」カテゴリーアーカイブ

家紋調査の現場から

以前に家系図作成をご依頼いただいたかたから家紋調査のご依頼をいただきました。家紋は先祖代々受け継がれていくことが多いですが、分家をして数代を経過したり、幼少期に代替わりがあったり、移住などをした際に子孫へと伝わらず、今では先祖代々の家紋をご存じない方も多くいらっしゃいます。

家紋調査の方法はいくつかございますが、本家の墓石や仏壇などに刻まれている家紋を確認させていただく方法が確実です。しかし、本家が既に絶家していたり遠方に移住していたり墓じまいをなさっているような場合には家紋を確認させていただくことが出来ません。

このような場合には、かつての先祖の居住地付近の同姓の方々を探し出して家紋を尋ねてみる方法があります。名字が同じだけで親戚であるとまでは断言できませんが、遠縁にあたる可能性や共通の家紋を使用している可能性は高いと思われるからです。

本家も同姓の方々もまったく見つからない場合には、資料文献などからその地域の名字ごとの家紋を調べる方法もあります。ただし、資料文献からだけでは残念ながら先祖代々の家紋である可能性は低くなり、あくまでも参考程度の情報となってしまいます。

今回の案件では先に家系図を作成していますので既に戸籍は取得済であり、現行法上取得できる最古の戸籍までが取得できておりました。最古の本籍地周辺の住宅地図を取得したところ、残念ながらそこには既に本家の方々が住んでいる気配はありませんでした。しかし、周辺地域には同姓の方々がたくさん住んでおり、古くからその地に居住していたことが旧土地台帳からわかりました。本家の子孫ではないと思いますが、おそらくは遠縁にあたる方々です。

これらの方々へ使用している家紋聞き取りのお手紙をお送りしましたところ多くの方々からご返信をいただくことが出来、使用している家紋も教えていただくことが出来ました。その地域の同姓の方々は同じ家紋を使用しており、さらには書籍からもその都道府県のその名字の代表的な家紋が使用されていることがわかりました。

本家をついだ子孫のかたが見つからなかったため100%確実とまでは言えませんがと前置きした上で、おそらくはこの家紋で間違いありません、ということをご依頼者様へお伝えすることが出来、とてもお喜びいただくことが出来ました。

旧土地台帳
旧土地台帳

その土地を管轄する法務局で写しを取得することが出来ます。
旧土地台帳は200番ごとくらいに一冊の冊子になっています。つまり1つの地域に2000番まで地番があるとその地域の10冊の旧土地台帳が存在することになります。
冊子ごとに表紙がついており、「表紙の写しもつけください」とお願いしても断られることもあれば、何も伝えてないのに表紙が着いた状態で発行されることもあります。法務局ごと担当者ごとに取り扱いは異なるようです。
旧土地台帳は地目も書かれていますので、ある土地が古い時代にどのような利用をされていたのかを知る手がかりにも使用できそうです。


名字と都道府県ごとに家紋が掲載されている書籍は、とても家紋調査の参考になります。


お墓の建立などを機に、家紋を知りたいとお思いになったことはございませんか?
当事務所では家系図作成の他に家紋調査も承っております。詳細は家紋調査ご案内のページをご覧ください。

オススメの雑誌

家系図作成講座
本日は厚木カルチャーセンターで家系図作成講座の第2回目の講義をおこなってきました。

 

一個人
受講者様より、雑誌をいただきました。
実は初めて知った雑誌ですが、4月号は名字や家紋のことが特集されていました。
家系図に興味をお持ちの方にはオススメの特集で、とても参考になる記事でした。

 

 

 

ご先祖様探しとお手紙

ご先祖様徹底調査や家紋探しお墓探しなどのため、日々たくさんのお手紙を書いています。

お手紙の文面が短すぎては、こちらの誠意や熱意が伝わりませんし、かといってあまりに長すぎても読んでいただくことが出来ないと思われます。

お手紙の内容は毎回異なりますのでどのような文面でどれくらいの長さで書き上げるか、戸籍調査だけの家系図作成とは違ってここは長年の経験が大きくものを言うところであります。

 

戸籍以上のご先祖様調査をご希望の方、家紋探しをご希望の方、先祖伝来のお墓を探したい方、お困りのことがございましたらお気軽にご相談くださいませ。

 

 

 

家紋調査に行ってきました

群馬県のとあるお寺に家紋調査に行ってきました。

 

気温は38度。ただでさえ暑いのに出かけたお寺は小高い山に墓地があり、ありえないくらい汗をかいて墓地をまわってきました。
お寺のかたにきちんとお断りをしたうえで、墓地をくまなく見させていただきました。

 

 

ぐんまちゃん
子供へのお土産は、群馬県の定番(?)お土産のぐんまちゃん。

今週末、今度は神奈川県内のお寺に出かけてきます。

 

 

お墓の建立や移転などを機に、家紋を知りたいとお思いになったことはございませんか?
当事務所では家系図作成の他に家紋調査も承っております。詳細は家紋調査ご案内のページをご覧ください。

 

 

8月6日(木)出張のお知らせ

平素は格別のご愛顧を賜り、厚くお礼申し上げます。

平成27年8月6日(木)は、家紋調査のため北関東へと一日外出いたしております。
電話は転送となっており外出先でもメールのチェックはいたしますが、ご返信が遅れることもございます。

ご迷惑をおかけいたしますが、何卒ご了承のほどお願い申し上げます。

 

家紋が判明しました

家系図作成と一緒にご依頼をいただいている家紋調査案件で、幸いにもご依頼人様の先祖代々の家紋を知ることが出来ました。

家紋調査においては、本家筋のかたのご協力が必要不可欠となりますし、何よりも先祖代々の家紋を知っていらっしゃる本家筋のご子孫を見つけることが重要です。

今回は幸いにも本家筋のご子孫が見つかり、連絡を取ることが出来、家紋を教えていただくことが出来ました。

 

当事務所では家系図作成以外にも家紋調査もおこなっております。
分家をして数代を経て本家筋のかたとも連絡が取れなくなるなどして、いつの間にか自家の家紋がわからなくなってしまったというかたは多くいらっしゃると思います。
墓地移転にあたり、墓地建立にあたってなどで先祖伝来の自家の家紋がわからないかた、どうぞお気軽にご相談ください。

詳しくは当サイト内の下記ページをご覧ください。
家紋調査代行ご案内のページ

 

 

 

家紋調査について

「自分の家の家紋がわかりません。家紋を調査していただくことはできますか?」

家紋調査依頼・家紋調査のご相談を多数いただいております。
当事務所では家紋調査もお引き受けいたします。

 

家紋の調査をするにはいくつかの方法がございます。

一番確実な方法は、墓石に家紋が刻まれていればそれを確認する方法です。
祖父の本家のお墓や曾祖父の本家のお墓など、本家筋の方々のお墓を確認することで家紋が判明することがございます。

 

ご先祖様のお墓に家紋が刻まれていない場合には、江戸末期にご先祖様が居住していらっしゃった場所の菩提寺で同族にあたる方々のお墓を確認することで、江戸末期から明治期にかけて使用していた家紋が判明することがあります。

ただし必ず判明するものではなく、ご先祖様がお墓を移設して菩提寺が不明な場合、宗教宗派や地域性・墓石が建てられた年代などにより墓石に家紋が刻まれていない場合もございます。

家系図作成と平行して家紋調査をおこなう場合には、まずは戸籍で可能な限りのご先祖様をさかのぼり、菩提寺の手がかりをさがすところからスタートいたします。
必要に応じ、戸籍から判明した遠縁にあたる方々に連絡をとりながら調査を進めていきます。
調査費用は、実際に現地に赴いて調査をいたしますため、江戸末期にご先祖様がどこに住んでいらっしゃったのか、菩提寺の場所がどこにあるのか、また、菩提寺がある場所をご存じでいらっしゃるのかにより異なります。

 

現地調査以外にも文献からも家紋の概要を調査することができます。
名字を参考に、良く使用されている代表的な家紋を調べたりすることができます。
また、地域を特定して、例えば「この地域の○○という名字は、○○の家紋を使用していた」というようなことも調べることができる場合がございます。
しかしながら、家紋はどのような絵柄を使用することも自由ですし、途中でかえることも自由です。分家した際に本家特別するために絵柄を多生変更したりすることもあります。

そのため、江戸末期から明治初期に使用していた家紋が判明したとしても、その後に変更したかどうかなどの詳細は分からない場合もあり、実際に調査をおこなってみないと判明するかどうかはわからないというのが実状でございます。

 

家紋調査のご用命、費用のお見積もり、ご相談は下記ページをご覧ください。
家紋調査代行ご案内のページ