大野藩士の調べ方

戸籍でご先祖様をさかのぼった後も、さらにもっとご先祖様に関する資料を取得したい、そうお考えの方も大勢いらっしゃると思います。
ご先祖様がかつて士族であったかたは、武士の名簿のようなものを調べることにより戸籍以上にさかのぼれることがあります。藩士の役職や禄高を記した侍帳分限帳などと呼ばれるものや、藩士の家系の代々の由緒を記した由緒録などと呼ばれる資料です。
それらを調べることによって、戸籍以上にご先祖様がさかのぼれる場合や江戸時代の藩士としての役職や給料などがわかることもあり、中には先祖代々の家系図まで記載されていることもあります。

分限帳や侍帳や由緒録は藩ごとに呼び名も異なり編製される内容や頻度も異なります。下級士族だったかたについてはあまり掲載されていないことも多々あります。また、どこにどのような形態で保管されているかも当時の藩に相当する現在の都道府県によって大きく異なります。
当時の原本そのものは都道府県立の大きな図書館や文書館などに保管されていることが多いですが、撮影されたものや活字化されたものが郷土史に掲載されているものもあります。

 

大野藩士
ご先祖様が大野藩士であったかたの資料としては、「大野市史(第4巻) 藩政史料編1」という郷土史をまずはご覧になるとよいでしょう。
この郷土史には下記の由緒書や分限帳が活字化されて掲載されています。ただし、由緒書と分限帳は抜粋となっているとのことです。

「土井家家臣由緒書」(抜粋、寛永年間から文久年間にかけて加筆)
「土井家職制帳」(寛永年間から安政年間)
「土井家分限帳」(抜粋、文政年間から明治2年時点)
「大野御家中知行切米分限」(天和3年)
「大野家中屋敷割帳」

かつての大野藩があった福井県内の図書館でしたら「大野市史」を所蔵しているところも多いと思いますが、都道府県立の大きな図書館であれば福井県以外でも所蔵している図書館はあるようです。
お近くの図書館に所蔵がない場合でも図書館相互貸し出しなどで借りられることもあるようですので、大野藩士のご先祖様のことを調べてみようとお思いのかた、ぜひ「大野市史(第4巻) 藩政史料編1」を活用してみて下さい。

家系図資料請求