「屋敷番号」タグアーカイブ

屋敷番号について

明治19年式の戸籍を眺めていますと、本籍地が屋敷番号で記載されていることもあります。

屋喜番号と本籍地番との対照表はほとんど見つかることが無く、ご先祖様のかつての居住地を探す上でなかなかやっかいな表記なのですが、戸籍に併記されていることもあります。

屋敷番号

この家の戸籍は、明治19年式戸籍では屋敷番号で表記されていましたが、その後の明治31年式では本籍地欄に地番表記がなされ欄外に屋敷番号が併記されています。

520番戸が、その後に2576番地となったことが読み取れます。

 

 

 

屋敷番号からご先祖様の居住地を探し出す

明治19年式の戸籍を見ていますと、本籍地の表示が「○○番屋敷」や「○○番戸」や「○○番邸」というように記載されていることがあります。

これは地番とは異なり、屋敷番号と言われるものになります。
戸籍上判明した屋敷番号をそのまま地図で探したとしても、残念ながら現在の地図上のどの場所にあたるのかわかりません。
ごくまれに屋敷番号と地番が同じこともありますが、本当にごくまれです。

明治19年式戸籍に転籍事実の記載がなく、屋敷番号と地番が併記されていればおそらくはそのふたつが同一の場所であると推測されます。
しかしながら併記されている例のほうがきわめて少ないのが実情です。

また、明治19年式戸籍上は屋敷番号で記されており、その後に家督相続などの代変わりで大正14年式戸籍に地番が表記されていれば、やはり同一の場所である可能性が高いと言えます。
しかしながら家督相続と同時に本籍地の変更をしているものの、そのことが戸籍に書かれていないことなどもあり、必ず同一の場所であるとまでは断定できません。

また、明治19年式戸籍が屋敷番号で作られ、その後に管轄が異なる市町村へと移住した場合などは、もともと住んでいたその屋敷番号がどこを指し示しているのかを戸籍から探すことは出来ません。

 

しかしながら、屋敷番号からご先祖様の居住地を探す方法は、確実なものではなく可能性が低いながらも、いくつかの方法がございます。

続きを読む 屋敷番号からご先祖様の居住地を探し出す