軍歴証明ご依頼に関するQ&A

陸軍か海軍かハッキリとわからないのですが依頼できますか?

はい、ご依頼いただけます。
お名前・本籍地・出生死亡日がわかれば、軍歴記録が残っているかどうかを事前に調べていただける都道府県庁もございます。事前に教えていただけないところであっても、必要書類をそろえて申請することによって記録を調べていただくことが出来ます。
海軍であった可能性がある場合には、厚生労働省に申請をしたうえで記録が残っているかどうかを調べていただくことになります。

 

 

終戦時の本籍地がわからないのですが、どうしたらいいですか?

ご依頼者様からさかのぼって戸籍を取得していくことによって、対象者様の終戦時の本籍地を知ることが出来ます。同様に出生死亡日も戸籍から確認することができます。
取得した戸籍は軍歴証明書申請のための必要書類となります。

 

 

申請から発行まで期間はどれくらいかかりますか?

申請先により大きく異なります。
ほとんどの都道府県庁では1週間から10日間程度で軍歴証明が届きます。しかし1ヶ月ほどかかってしまう都道府県庁もございます。
厚生労働省は、時期によって異なるのかもしれませんが2~3ヶ月ほどかかってしまいます。

 

 

太平洋戦争時に軍隊に所属していた場合、必ず軍歴証明が取得できますか?

残念ながらすべてのかたの記録が残っているわけではありません。
終戦時の混乱や火災による焼失などによって、一説によると全国的な保管率は70%程度であると言われています。
特に愛知県では保管率が3割程度、神奈川県では4割から5割程度しか記録が残っていないようです。
軍歴記録が残っているかどうかを本籍地番や出生死亡日がわかれば事前に教えていただけるところもあれば、実際に申請をしてみないとわからないところあり、取り扱いは都道府県庁により異なります。

 

 


ピン軍歴証明書取得代行

軍歴証明書はご自身で申請していただくことも出来ますが添付書類として戸籍が必要であり、普段あまり馴染みのない戸籍を取りそろえるのは中々大変な作業であると思います。
当事務所では軍歴証明書取得代行をおこなっており、戸籍収集も代行いたしております。

戸籍の取得や軍歴証明書の申請は郵送でおこないますので、全国よりご依頼いただくことが出来ます。
詳しくは軍歴証明書取得代行のページをご覧くださいませ。