「軍歴証明書」タグアーカイブ

厚生労働省の軍歴資料

厚生労働省軍歴資料

厚生労働省から軍歴資料が到着。
今回の案件の対象者様は旧陸軍軍人ですので、軍歴証明書は既に他の都道府県庁から取得済です。
旧陸軍軍人の軍歴証明書は終戦時の本籍地を管轄する都道府県庁に保管されていますが、陸軍軍人の付属資料が厚生労働省にも残されていることがあります。

今回の申請では上記資料の他にも複数の留守名簿、還送患者名簿や部隊略歴などが一緒に送られてきました。

軍歴証明書取得代行

軍歴証明書はご自身で申請していただくことも出来ますが、添付書類として戸籍が必要であり、普段あまり馴染みのない戸籍を取りそろえるのは中々大変な作業であると思います。
当事務所では軍歴証明書取得代行をおこなっており、戸籍収集も代行いたしております。

戸籍の取得や軍歴証明書の申請は郵送でおこないますので、全国よりご依頼いただくことが出来ます。
詳しくは軍歴証明書取得代行のページをご覧くださいませ。

三重県の軍歴証明書

三重県軍歴証明書

三重県庁から軍歴証明書が到着。
終戦時に三重県内に本籍地があった旧陸軍軍人の軍歴記録は三重県庁に保管されています。

三重県庁では軍歴記録保管の有無を事前に教えていただくことが出来ます。今般の申請に関して問い合わせたところ、対象者の兵籍簿は残念ながら保管されていないとのことでした。

しかし 対象者のかたが提出した履歴書、申告書、報告書などが三重県庁に保管されており、それらをもとに三重県庁にて軍歴記録の証明書として作成し付属書類とともに送っていただくことが出来ました。

軍歴証明書取得代行

軍歴証明書はご自身で申請していただくことも出来ますが、添付書類として戸籍が必要であり、普段あまり馴染みのない戸籍を取りそろえるのは中々大変な作業であると思います。
当事務所では軍歴証明書取得代行をおこなっており、戸籍収集も代行いたしております。

戸籍の取得や軍歴証明書の申請は郵送でおこないますので、全国よりご依頼いただくことが出来ます。
詳しくは軍歴証明書取得代行のページをご覧くださいませ。

北海道の軍歴証明書

北海道庁から軍歴証明書が到着。
終戦時に北海道、樺太、千島に本籍地があった旧陸軍軍人の軍歴記録は北海道庁に保管されています。
今般、樺太に本籍地があったかたの記録を申請しましたが、無事に保管されていました。
北海道庁では兵籍簿の写しではなく、軍歴のみを打ち出した履歴書のような形で送られてきます。

軍歴証明書取得代行

軍歴証明書はご自身で申請していただくことも出来ますが、添付書類として戸籍が必要であり、普段あまり馴染みのない戸籍を取りそろえるのは中々大変な作業であると思います。
当事務所では軍歴証明書取得代行をおこなっており、戸籍収集も代行いたしております。

戸籍の取得や軍歴証明書の申請は郵送でおこないますので、全国よりご依頼いただくことが出来ます。
詳しくは軍歴証明書取得代行のページをご覧くださいませ。

鹿児島県の軍歴証明書

旧日本陸軍に所属していたかたの軍歴記録は、終戦時の本籍地を管轄する都道府県庁に保管されています。
終戦時に鹿児島県に本籍地があったかたは鹿児島県庁へと申請をいたします。

対象となる方のお名前、生年月日、本籍地などがわかれば、記録保管の有無を事前に教えていただける都道府県庁がほとんどですが、鹿児島県庁では実際に書類を取りそろえて申請し軍歴証明書の発行もしくは記録保管の有無の判明という流れになります。
以前は鹿児島県庁でも事前に記録保管の有無を教えていただくことが出来ましたが、取り扱いがかわったのかそれとも担当者により異なるのかもしれません。

鹿児島県庁より封書が到着。果たして?
残念ながら記録は保管されていないという結果になりました。

軍歴に関する記録は全て軍人さんについて保管されているのではなく、終戦時の混乱で焼失してしまった場合や入隊が終戦直前のために記録が作成されなかった場合などがあります。
また、陸軍ではなく海軍軍人であった場合には、その記録は都道府県庁ではなく厚生労働省に保管されています。

陸軍か海軍か所属がわからない場合には、私は通常は先に都道府県庁に申請します。
厚生労働省では発行や記録保管の有無の判明までに2~3ヶ月かかりますが、都道府県庁の多くが申請から発行もしくは記録保管の有無の判明までに1~2週間程度であるためです。

軍歴証明書取得代行

軍歴証明書はご自身で申請していただくことも出来ますが、添付書類として戸籍が必要であり、普段あまり馴染みのない戸籍を取りそろえるのは中々大変な作業であると思います。
当事務所では軍歴証明書取得代行をおこなっており、戸籍収集も代行いたしております。

戸籍の取得や軍歴証明書の申請は郵送でおこないますので、全国よりご依頼いただくことが出来ます。
詳しくは軍歴証明書取得代行のページをご覧くださいませ。

兵庫県庁の軍歴記録

軍歴証明書
年明けに兵庫県庁から軍歴に関する記録が届きました。

終戦時に兵庫県内に本籍地があった旧日本陸軍軍人のかたの記録は兵庫県庁で保管されています。
ただしすべての記録が残っているのではなく、残念ながら保管されていない方もいらっしゃるようです。

兵庫県庁では、記録が残っているかどうかを事前に調べていただくことが出来ます。

記録が残っている確認が取れましたら必要書類をそろえて申請すると、およそ2週間で「開示決定通知書」というものが送られてきます。
その「開示決定通知書」記載の金額を再度送りますと、1週間ほどで軍歴に関する記録が兵庫県庁より届きます。

軍歴記録の発行形態は各都道府県庁により異なりますが、兵庫県庁の場合、兵籍簿のコピーやその他の記録のコピーが送られてきます。

 

 


ピン軍歴証明書取得代行

軍歴証明書はご自身で申請していただくことも出来ますが添付書類として戸籍が必要であり、普段あまり馴染みのない戸籍を取りそろえるのは中々大変な作業であると思います。
当事務所では軍歴証明書取得代行をおこなっており、戸籍収集も代行いたしております。

戸籍の取得や軍歴証明書の申請は郵送でおこないますので、全国よりご依頼いただくことが出来ます。
詳しくは軍歴証明書取得代行のページをご覧くださいませ。

 

 

 

旧日本海軍軍人の軍歴記録

海軍 軍歴証明書
厚生労働省より封書が到着。

旧日本海軍軍人の軍歴記録に関しては厚生労働省が管理しています。
厚生労働省では、記録が残っているかどうかを事前に教えていただくことが出来ませんので、封筒を開封する瞬間はいつもドキドキです。
幸いにも軍歴記録が同封されておりました。

12月下旬に申請していましたので、今回は発行までに要した期間は年末年始を挟んでいたにもかかわらずわずか2週間でした。
これまでの申請ではほとんどの場合において2~3ヶ月かかっていましたので、かなり早く発行されました。

 

 


ピン軍歴証明書取得代行

軍歴証明書はご自身で申請していただくことも出来ますが添付書類として戸籍が必要であり、普段あまり馴染みのない戸籍を取りそろえるのは中々大変な作業であると思います。
当事務所では軍歴証明書取得代行をおこなっており、戸籍収集も代行いたしております。

戸籍の取得や軍歴証明書の申請は郵送でおこないますので、全国よりご依頼いただくことが出来ます。
詳しくは軍歴証明書取得代行のページをご覧くださいませ。

 

 

 

軍歴証明書の取り方(新潟県)

父や祖父の軍歴に関する資料を取得したい場合、旧陸軍人に関する資料は終戦時の本籍地を管轄する都道府県庁が保管しています。
そのため終戦時の本籍地が新潟県であった場合には、新潟県庁に申請をいたします。
陸軍人に関する記録は終戦時の混乱などで焼失や滅失していることがあったり、入隊が終戦直前だったりした場合などは記録が残っていないこともあります。
そのため、新潟県庁では事前に記録保管の有無を調べ、申請前に教えていただくことが出来ます。

 

兵籍簿
記録保管の有無に関する調査にかかる日数は都道府県庁により異なりますが、新潟県庁の場合、電話にてその日のうちに調べていただくことが出来ます。申請書や申請書見本、要綱なども郵送で送っていただけます。
ただし、軍歴記録保管の有無を確認していただくには、旧陸軍軍人のかたのお名前・本籍地・出生日などの情報をお伝えしなければなりませんので、対象となる方の終戦時の正確な本籍地が分からない場合には事前に戸籍を取得する必要があります。

 

新潟県軍歴証明書
必要書類をそろえて新潟県庁に申請いたしますと、すぐに資料が送られてくるのではなく1週間ほどでまずは納入通知書というものが送られてきます。

この納入通知書の記載に従って手数料を新潟県庁に送りますと、さらに1週間ほどで軍歴記録に関する資料が送られてきます。

新潟県庁の軍歴資料発行形態は「証明書」としてではなく、兵籍簿のコピーやその他にも部隊行動略歴といった資料があればそれらのコピーも送っていただけます。
他の都道府県庁のように軍歴資料として兵籍簿のコピーだけしか無い場合には、所属部隊の行動を知るために資料を別途探して調べる必要があります。
しかし、新潟県のように部隊行動略歴もありますと、すぐに部隊の行動概要を知ることが出来ます。

 

新潟県庁では新潟県福祉保健部福祉保健課援護恩給室が軍歴資料発行手続きの事務を担当していらっしゃいます。

 

 


ピン軍歴証明書取得代行

軍歴証明書はご自身で申請していただくことも出来ますが添付書類として戸籍が必要であり、普段あまり馴染みのない戸籍を取りそろえるのは中々大変な作業であると思います。
当事務所では軍歴証明書取得代行をおこなっており、戸籍収集も代行いたしております。

戸籍の取得や軍歴証明書の申請は郵送でおこないますので、全国よりご依頼いただくことが出来ます。
詳しくは軍歴証明書取得代行のページをご覧くださいませ。

 

 

関連ページ
カテゴリー「軍歴証明書」のブログ記事
軍歴証明ご依頼に関するQ&A

 

 

軍歴証明書の取り方(兵庫県)

旧陸軍であった父や祖父の軍歴に関する資料を取り寄せたい場合、旧陸軍軍人の記録は終戦時の本籍地を管轄する各都道府県庁に保管されています。

しかし、記録は必ず保管されているわけでは無く、様々な理由から残念ながら滅失してしまい保管されていないことも多々あります。
そのため、多くの都道府県庁では事前に記録保管の有無を教えていただくことが出来ます。

 

記録保管の有無の事前調査だけでも1ヶ月以上を要する都道府県庁もありますが、たまたまかもしれませんが兵庫県への先日の申請ではわずか1分かからずで記録保管の有無が判明しました。
兵庫県庁の場合、事前調査のためには戸籍取得までは必要ありませんが、「終戦時の本籍地」「お名前」「出生日」などの正確な情報が必要となります。

 

兵庫県 軍歴資料
記録が保管されていることがわかりますと、兵庫県庁より要綱や開示請求書などの書類を送っていただくことが出来ます。

この後、申請に必要な戸籍の収集に着手いたします。

戸籍収集完了後に必要書類をそろえて兵庫県庁に申請いたしますと、すぐに資料が発行されるのではなく1週間から10日間ほど後にまずは開示決定通知書というものが送られてきます。

この開示決定通知書の記載に従って発行手数料を兵庫県庁に送りますと、さらに1週間ほどでようやく軍歴記録に関する資料が送られてきます。

兵庫県庁の軍歴資料発行形態は「証明書」としてではなく、兵籍簿のコピーやその他にも資料があればそれらのコピーを送っていただけます。

兵庫県庁では兵庫県健康福祉部社会福祉局生活支援課が軍歴資料発行手続きの事務を担当していらっしゃいます。

 

 


ピン軍歴証明書取得代行

軍歴証明書はご自身で申請していただくことも出来ますが添付書類として戸籍が必要であり、普段あまり馴染みのない戸籍を取りそろえるのは中々大変な作業であると思います。
当事務所では軍歴証明書取得代行をおこなっており、戸籍収集も代行いたしております。

戸籍の取得や軍歴証明書の申請は郵送でおこないますので、全国よりご依頼いただくことが出来ます。
詳しくは軍歴証明書取得代行のページをご覧くださいませ。

 

関連ページ
カテゴリー「軍歴証明書」のブログ記事
軍歴証明ご依頼に関するQ&A

 

 

 

軍歴証明書の取り方(岡山県)

終戦当時に本籍地が岡山県内にあった旧陸軍軍人のかたの軍歴に関する記録は、岡山県庁にてその記録を保管しています。

岡山県庁では事前に記録保管の有無を調べ、申請前に教えていただくことが出来ます。
記録保管の有無に関する調査にかかる日数は都道府県庁により異なりますが、岡山県庁の場合、早ければ2週間程度ですが長いと1カ月以上もかかるそうです。
すべての記録に一つ一つ目を通して探していくので時間がかかるそうです。
私も過去の申請で、記録の有無の判明までには約1ヶ月半ほどかかりました。

 

軍歴資料
軍歴に関する記録が保管されていることがわかりますと、このような申請書や要綱を送っていただけます。

この要綱が入手できましたら、次は申請に必要な戸籍の収集です。
必要書類を取り寄せて申請をいたしますと、岡山県庁の場合は約1週間ほどで軍歴に関する記録が届きました。

 

岡山県庁の場合、「証明書」というかたちではなく、保管している軍歴に関する様々な資料のコピーを送っていただけます。

岡山県庁の担当部署は岡山県保健福祉部保健福祉課援護班が担当していらっしゃいます。

 

 


ピン軍歴証明書取得代行

軍歴証明書はご自身で申請していただくことも出来ますが添付書類として戸籍が必要であり、普段あまり馴染みのない戸籍を取りそろえるのは中々大変な作業であると思います。
当事務所では軍歴証明書取得代行をおこなっており、戸籍収集も代行いたしております。

戸籍の取得や軍歴証明書の申請は郵送でおこないますので、全国よりご依頼いただくことが出来ます。
詳しくは軍歴証明書取得代行のページをご覧くださいませ。

 

 

関連ページ
カテゴリー「軍歴証明書」のブログ記事
軍歴証明ご依頼に関するQ&A

 

 

「永遠の0」に触発…先祖の軍歴知りたいのに個人情報保護の壁 若い世代不満

軍歴資料
ヤフーニュースから

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20151024-00000097-san-soci

 

軍歴資料は早めの申請がオススメです

先祖の軍歴証明書は、取得できる親族の範囲が規定されています。規定は役所によって異なり、なかには六親等以内の親族から申請も受け付けてくださる役所もありますが、多くの役所では三親等以内の親族と規定されています。

つまり、自分から見て曽祖父は三親等なので軍歴資料を請求できますが、自分の子供世代になると四親等となるため、軍歴資料を請求できないことになってしまいます。祭祀主催者であれば三親等以内でなくても軍歴資料を請求できる場合もあるようですが、これは一部の役所の例外的な規定です。

そのため、いつしか取得できなくなってしまう先祖や戦争の記録を子孫へと伝えるため、軍歴資料はお早めに申請なさることをおすすめいたしております。

 

 


ピン軍歴証明書取得代行

軍歴証明書はご自身で申請していただくことも出来ますが添付書類として戸籍が必要であり、普段あまり馴染みのない戸籍を取りそろえるのは中々大変な作業であると思います。
当事務所では軍歴証明書取得代行をおこなっており、戸籍収集も代行いたしております。

戸籍の取得や軍歴証明書の申請は郵送でおこないますので、全国よりご依頼いただくことが出来ます。
詳しくは軍歴証明書取得代行のページをご覧くださいませ。