旧土地台帳

旧土地台帳

江戸末期から明治初期にかけてのご先祖様調査の上で参考となる書類は戸籍の他にも旧土地台帳というものがあります。

 

戸籍は本籍地を管轄する市区町村役場で取得しますが、この旧土地台帳はその土地を管轄する法務局で閲覧や取得をすることが出来ます。
旧土地台帳とは明治20年頃から昭和にかけて課税のために使われていた台帳であり、もともとは税務署などに保管されていたものが法務局で保管されるようになったようです。