「ご先祖様徹底調査」カテゴリーアーカイブ

公図の貼り合わせ

公図

現在取り組んでいるご先祖様徹底調査案件で資料として使うため、公図を切ったり貼ったりしながらお手製の明治期の地図を作成しています。

この公図は旧土地台帳付属地図の公図を使用しております。作られた正確な年代は不明ですが、明治時代に作成されたものだと思います。
貼り合わせた公図に、旧土地台帳から判明したかたがたのお名前、郡村宅地・畑・田・墓地などの地目などを書き込んでいきますと、明治時代の地図が出来上がります。

お客様のご先祖様ですが、当時そこに住んでいらした方々の息吹が何だか感じられて、私としてもとても楽しい作業です。

 

 

 

旧公図

旧公図

ご先祖様調査のため、旧公図を眺めています。
この図面は市役所や法務局で写しを請求することも出来、ご先祖様のかつての居住地を探す上で貴重な資料となることもあります。

 

旧公図

ただ、今回は地番が二つ併記されており少々やっかいです。

 

 

 

町名地番変更

ご先祖様徹底調査に関連し、町名地番変更を調べておりました。

役所のHPを見たら新しい時代の町名地番変更一覧表や担当部署が記載されて下り、わからない場合や古い時代の町名地番変更はお尋ねくださいと記載がありました。

なので早速問い合わせ。 しかしながら明治大正時代の町名変更の記録は役所にも残っていたものの、地番変更に関しては役所でもまったくわからないとのことでした。残念。

 

かつてのご先祖様の居住地を特定するための調査でしたが、おおよその場所は特定できたものの残念ながら詳細な場所の調査までおこなうことは今回は難しそうです。

 

 

 

明治23年頃の土地売買の証文 2

昨日、明治23年頃の土地売買の証文に記載されている土地の旧土地台帳取得について書きました。

 

今日になって法務局からお電話をいただいたのですが、
「申し訳ございません。見当たりません」という何とも悲しいお知らせをいただきました。

実は申請をした土地は町名地番変更が何度かおこなわれておりました。
そのため明治23年当時の土地の地名と現在の地名が異なります。

私が知っているのは明治23年当時の地名ですが、旧土地台帳を申請するにあたっては現在のどの場所にあたるのかを特定してその町名地番を記載しなければなりません。

どういうことなのかと言いますと、仮に古い町名地番が「A郡B町C大字D333番地」であるとします。そして現在の町名地番が「B市中町一丁目333番地」であるとします。
この場合、現在の町名地番である「B市中町一丁目333番地」を記載して申請をしないと受け付けてもらえないこともあります。

旧町名地番ごとにその変遷がわかりそうな気もしますが、パソコン等で検索できませんので、現在の町名地番表記で旧土地台帳の管理をなさっているようです。
ただし法務局によって取り扱いも異なるかもしれません。

町名地番変更においては、単純に「1番から399番までが中町一丁目、400番から599番までが中町二丁目」というように変更されていることはほとんどないと思います。
地番ごとにもっと複雑に町名変更がなされていることがほとんどです。

まずは「現在のこのあたりかな?」とあたりをつけて申請し、その後、法務局や市区町村役場と相談しながら私は進めるようにいたしております。

家系調査にはあきらめの悪さと根気が重要です。今回の申請もこれにめげずなんとしてでも調べたいと思います。

 

 

 

明治23年頃の土地売買の証文

ご先祖様調査に関連して古文書を調べておりましたところ、明治23年頃に作成された土地売買の証文をみつけることができました。
この証文からは地名や地番を何とか判読することが出来ました。

明治23年というと旧土地台帳が使われ出した時期と合致します。
そこで今度は、証文から判明した土地の旧土地台帳調査をおこないます。

当該地域は明治時代から数回にわたって町名や地番の変更がなされてきました。
そのため一回の申請で旧土地台帳を取得することが出来るかわかりませんが、もしかしたらご依頼人様のご先祖様の新たなる情報が得られるのではないかと期待をして法務局からの返送を待ちたいと思います。

 

 

 

静岡県でのご先祖様現地調査レポート

現在取り組んでいるご先祖様調査案件で、先日、静岡県へと出張して参りました。

戸籍以上にご先祖様をさかのぼる場合、画一的な方法で調査をおこなえる戸籍調査と違い、各家にあわせて様々な家系調査プランをたてておこないます。これはどの事務所でもおこなえるものではなく、長年の経験とノウハウがとても重要になってきます。
続きを読む 静岡県でのご先祖様現地調査レポート

ご先祖様がかつて住んでいたところを探す

町名新旧対照表

とある地方の町名の新旧対照表です。
この資料を頼りに、町名変更の変遷を調べてまとめています。

現地調査をご依頼いただいている案件で、残念ながら明治19年式戸籍までさかのぼれず、明治初期の本籍地や居住地がわからないという状態です。

取得できた戸籍で最古のものが大正時代に編製されたものであり、江戸時代にご先祖様が暮らした地域とは全く異なる場所であることはわかっておりました。

ご親戚筋にお話しをうかがったところ、「どうも○○あたりに住んでいたらしい」という情報をいただくことができました。

そこで次におこなうのが旧土地台帳の閲覧です。
しかし、明治初期の本籍地もわかりませんし、確実にそこに住んでいらしたという証拠もありません。
まして、土地を所有していらっしゃらなかったとしたら旧土地台帳からは調査をすることができません。
さらに、村全部の旧土地台帳の閲覧となりますと、かなりの分量の旧土地台帳を閲覧することになります。

しかしながら、戸籍以上にさかのぼって家系調査をして家系図に書き上げるために最も重要なことは、粘り強さとあきらめの悪さ。

少ないながらも存在する可能性にかけて調査をしてきたいと考えております。