「士族調査」カテゴリーアーカイブ

斗南藩士の先祖調査録

「斗南藩に関する本を読んでいたら自分の先祖と同じ名前が出ていたので同一人物かどうか調べて欲しい」というご依頼をいただきました。

既に戸籍は取得済であったものの、古いものは残念ながら廃棄されておりました。しかし、調査対象となる方の出生死亡日や父母のお名前は幸いにも戸籍に記載されておりました。
江戸時代に先祖が武士だった場合、「当家の先祖は侍だった」「○○藩の士族だった」という言い伝えが残っていることが多いです。しかし、例えば父や祖父が早くに亡くなっていたり、例えば父も祖父も分家した家系では先祖伝来の言い伝えが伝わらないことも珍しくありません。親戚が少なく家系のお話しを聞ける人がいないといった事情もあるかもしれません。これは先祖伝来の家紋がわからない、先祖代々の古いお墓がわからないことと同様の事例だと思います。
今回の案件においても、ご依頼者様自身には「先祖が武士だった」とも「武士ではなかった」とも伝わっていませんでした。

斗南藩とは?
明治2年(1869年)に松平容大に家名存続が許されて成立した青森県の東部にあった藩です。旧会津藩士が斗南藩に移住し成立しました。

今回の案件はさかのぼる調査でも、ある特定の先祖について詳細を調べる調査でもありませんので、斗南藩士に関する記録を探していくことにいたしました。斗南藩士に関する記録がどれほど残っているか、どのようなことが書かれているかがキーポイントになります。また、元々は会津藩士だった方々が明治2年に斗南藩士となったわけですから、必要に応じて会津藩士に関する記録も探していくことになります。

斗南藩士と会津藩士に関する書籍や資料として、下記のものなどを国会図書館で閲覧することが出来ました。
・「斗南藩 : 「朝敵」会津藩士たちの苦難と再起」
・「会津藩斗南へ : 誇り高き魂の軌跡 新装版」
・「会津若松市史史料目録 第4集」
・「会津若松史」
・「明治の士族 : 福島県における士族の動向」
・「要略会津藩諸士系譜 」
・「会津藩士人名辞典 : 役名禄高住所明細 安政5年調」
・「会津史談会誌 」
・「五戸町誌 」
・「神谷源蔵 : 明治初期の村政と旧斗南藩士」
・「斗南藩史」

斗南藩に移住した方のお名前の他に父の名前や家族構成、年齢などの詳細も書かれている資料もありました。ご依頼者様の先祖と同じ名前の方とは父の名前や年齢や家族構成などの全てが異なっており、またその地区においては旧斗南藩士は廃藩置県後に会津に戻っていったことなども書かれておりました。つまり、同姓同名の別人であることが判明しました。

ご依頼者様の先祖は残念ながら斗南藩士でなかったという結論に至ったのですが、それでもご依頼者様からは「これまで気になっていた家系の謎が解けてすっきりしました」というご感想をいただくことができました。さらに、亡き父のことが書かれていた郷土誌も見つけること出来、お喜びいただける調査結果となりました。

斗南藩士に関する記録は現地の青森県や、もともとの藩である会津藩があった福島県のほうが多数残っていることだと思います。しかし現地に行かずとも書籍化された資料も多く存在しますので、国会図書館でも調査を行なうことが出来ました。

続きを読む 斗南藩士の先祖調査録

高松藩医の先祖調査録

以前に書いた高松藩士調査のブログ記事をご覧いただいた方から家系図の作成と高松藩医の先祖調査のご依頼をいただきました。
先祖が江戸時代に高松藩の藩医だったそうであり、その記録を探す調査を行なうことになりました。多くの藩において、藩医も武士の方々と同様に士族に関する記録に載っております。

まずは戸籍調査を行ない、幸いなことに古い戸籍も廃棄されておらず現行法上取得できる最も古いものまでが取得できました。

次に国会図書館に出張して資料文献を探す事前調査。 高松藩士に関しては郷土史研究家のかたが書かれた「高松藩藩士録」という書籍に多くのことが記載されています。高松藩医に関する資料として、古い時代の香川県医師会誌に掲載されている記事がとても参考になります。何度も国会図書館に通って念入りに事前調査を行なった後に高松市へと出張しました。

高松市内には高松藩医の墓地が残っており、まずは墓地を訪問して調査。次にご依頼者様の先祖のお墓を調査。戸籍よりも一代さかのぼった先祖のお名前を墓碑に確認できました。古い時代の墓碑はそのままでは読むことが出来ない場合でも、霧吹きで水を掛けたり昼間でも懐中電灯を当てて影を作ることで読み取れる場合があります。今回は懐中電灯の光を当てたことにより、ご依頼者様も確認できていなかった新たな先祖のお名前を読み取ることが出来ました。

高松港

墓石調査の後はご依頼者様と一緒に高松港を眺めながらお食事をいただいてきました。

その後、香川県立図書館へ。ここは以前にも高松藩士の調査で訪れました。高松藩士や高松藩医に関する書籍が多数あり、高松藩医録や高松医学医事史といった書籍がとても参考になります。
まだ書籍化されていない出典元の資料についてはコピーは出来ませんが、閲覧や写真撮影が出来ます。

高松滞在の最終日、法務局での旧土地台帳調査が予定よりも少し早く完了しましたので、前回の出張では行けなかった高松城へ行ってきました。

海に隣接するお城だけあってお堀には黒鯛がたくさん泳いでおり、エサ販売のガチャまでありました。

お城の石垣の矢穴や印を探してみるのも面白いです。

続きを読む 高松藩医の先祖調査録

守山藩(松川藩)の先祖調査

「先祖が水戸藩士だったようだ」というお客様から調査のご依頼をいただきました。戸籍よりもさらに先祖をさかのぼりたい、江戸時代の先祖の詳細が知りたいというご希望です。

先祖のお墓やお寺は分かっているものの、墓石や過去帳などから得られる情報はないとのことでしたので、資料文献調査を中心に進めていくことにしました。
戸籍は既にお持ちでしたので、まずは町名地番変更を水戸市役所に確認した後に旧土地台帳を申請しました。水戸の旧城下町は町名が変更され住居表示も実施されていますので、古い戸籍と現在の住所の表記が合致しません。そのため旧土地台帳などを申請するには新旧の対照を事前に調べる必要があります。

次に水戸城下絵図を取得しました。これは茨城県立図書館デジタルライブラリーでも取得することが可能です。
旧土地台帳上の所有者と城下絵図とを比べると所有者の苗字が一緒ですので、先祖がかつて居住していた場所を特定することが出来ました。しかし、ご依頼者様の先祖の苗字とは異なりますので、土地は自己所有ではなかったようです。

続いて資料文献の調査もおこないました。水戸藩士に関する名簿資料は多数ありますが、その中の1つに水府系纂目録というものがあります。これは国文学研究資料館でも閲覧できます。
国文学研究資料館 HP
水府系纂目録

さらに国会図書館でも様々な資料を調べたところ、実はご依頼者様の先祖は水戸藩士ではなく守山藩士だったことが判明しました。

守山藩とは現在の福島県郡山市と茨城県大洗町に領地をもっていた2万石の藩です。水戸藩とも関わりが深く、水戸藩の御連枝で支藩です。明治3年に守山陣屋から松川に藩庁を移したため松川藩とも呼ばれています。
守山藩士に関する資料や書籍として、福大歴史学研究会発行の「歴史 第17集」や「シリーズ藩物語 守山藩」などがあります。これらの資料の他に茨城県立歴史館や郡山市歴史資料館にも現地でしか見られない資料があることがわかりました。

茨城県立歴史館
国会図書館にも多くの郷土誌が蔵書されていますが、全てではありません。また地域の郷土史研究家が書かれた書籍や郷土資料などは、その地域にしか蔵書されていないことがほとんどです。今回の調査においても茨城県立歴史館にしかない資料が数点ありました。その中から依頼者の先祖に関する記述を見つけることが出来、さらにその記述の出典元資料がとある大学に保管されていることもわかりました。後日、その出典元資料を取り寄せたところ、依頼者の先祖のことが書かれており、さらには戸籍よりも2代さかのぼったかたのお名前までが判明することになりました。

郡山市歴史資料館
郡山市歴史資料館には、年中公私日記や守山藩御用留帳といった守山藩時代の古文書が多数残されています。資料館の所蔵資料はHPからは検索出来ませんので事前に目録を入手しました。「郡山市歴史資料館収蔵資料目録」というものが国会図書館などにあります。
所蔵資料の中には活字化されたものが国会図書館などにもありますがごく一部であるため、すべてを閲覧するには現地まで行く必要があります。
資料館では古文書を直接閲覧させていただくことが出来、写真撮影も可能でした。ただし、資料数が膨大であったため、また、すぐには判読できないくずし字で書かれていますので、この日は撮影のみを行なって持ち帰ってから後日に精査することにいたしました。
しかし、所蔵されていた古文書には守山藩士のことは残念ながらほとんど載っていませんでした。
ですが、 古文書資料の中の数少ない守山藩士に関する記述の中から、ご依頼者様の先祖のお名前を見つけることが出来ました。

郡山市歴史資料館
茨城県立歴史館
年中公私日記
年中公私日記

おわりに
今回の先祖調査ではご依頼をいただいてから調査報告書をお渡しするまで7ヶ月の長きにわたり、私にとっても思い出深い調査案件となりました。
結果としても戸籍以上に先祖を2代さかのぼる出来ました。しかし2代さかのぼれたということ以上に、ご依頼者様の先祖の詳細が判明して、収集した膨大な資料もお渡しすることが出来ましたことにご依頼者様にも大変お喜びいただくことが出来ました。


続きを読む 守山藩(松川藩)の先祖調査

「諸向地面取調書」について

先祖が幕臣だった場合、様々な方法で資料探しをすることが出来ます。「 諸向地面取調書 」(しょむきじめんとりしらべしょ)もその1つです。

「 諸向地面取調書 」とは 大名や幕臣の屋敷に関する調査書です。大名や幕臣などは、江戸市中の自己の屋敷の所在地や坪数などを幕府の「屋敷改」(=幕府の役職)に提出しました。その記録を閲覧することが出来ます。

「 諸向地面取調書 」の人名索引が国立国会図書館デジタルコレクション内のPDFで閲覧することが出来、本文については国立公文書館デジタルアーカイブにて多くが公開されておりネット上で閲覧出来ます。記録は安政3年のもののようです。

国立国会図書館デジタルコレクション 「 諸向地面取調書 」
国立公文書館デジタルアーカイブ 「 諸向地面取調書 」

当時を知ることが出来る貴重な資料だと思います。

会津藩士の調べ方

戸籍でご先祖様をさかのぼった後も、さらにもっとご先祖様に関する資料を取得したい、そうお考えの方も大勢いらっしゃると思います。
ご先祖様がかつて士族であったかたは、武士の名簿のようなものを調べることにより戸籍以上にさかのぼれることがあります。藩士の役職や禄高を記した侍帳分限帳などと呼ばれるものや、藩士の家系の代々の由緒を記した由緒録などと呼ばれる資料です。
それらを調べることによって、戸籍以上にご先祖様がさかのぼれる場合や江戸時代の藩士としての役職や給料などがわかることもあり、中には先祖代々の家系図まで記載されていることもあります。

分限帳や侍帳や由緒録は藩ごとに呼び名も異なり編製される内容や頻度も異なります。下級士族だったかたについてはあまり掲載されていないことも多々あります。また、どこにどのような形態で保管されているかも当時の藩に相当する現在の都道府県によって大きく異なります。
当時の原本そのものは都道府県立の大きな図書館や文書館などに保管されていることが多いですが、撮影されたものや活字化されたものが郷土史に掲載されているものもあります。

 

先祖が会津藩士であったと伝え聞いてはいるものの、その資料を何もお持ちでないというかたも多いと思います。会津藩士であったご先祖様について、分限帳などが掲載されている資料をご紹介いたします。

「会津藩士人名辞典 : 役名禄高住所明細. 安政5年調」

会津藩士
国会図書館デジタルコレクション

安政5年の会津藩士に関する記録です。
城下絵図に役名、人名、禄高などが記載されています。国会図書館デジタルコレクションで公開されていますので、下記リンク先よりご覧いただけます。

会津藩士人名辞典 : 役名禄高住所明細. 安政5年調

 

続きを読む 会津藩士の調べ方

高槻藩士の調べ方

戸籍でご先祖様をさかのぼった後も、さらにもっとご先祖様に関する資料を取得したい、そうお考えの方も大勢いらっしゃると思います。
ご先祖様がかつて士族であったかたは、武士の名簿のようなものを調べることにより戸籍以上にさかのぼれることがあります。藩士の役職や禄高を記した侍帳分限帳などと呼ばれるものや、藩士の家系の代々の由緒を記した由緒録などと呼ばれる資料です。
それらを調べることによって、戸籍以上にご先祖様がさかのぼれる場合や江戸時代の藩士としての役職や給料などがわかることもあり、中には先祖代々の家系図まで記載されていることもあります。

分限帳や侍帳や由緒録は藩ごとに呼び名も異なり編製される内容や頻度も異なります。下級士族だったかたについてはあまり掲載されていないことも多々あります。また、どこにどのような形態で保管されているかも当時の藩に相当する現在の都道府県によって大きく異なります。
当時の原本そのものは都道府県立の大きな図書館や文書館などに保管されていることが多いですが、撮影されたものや活字化されたものが郷土史に掲載されているものもあります。

 

先祖が高槻藩士であったと伝え聞いてはいるものの、その資料を何もお持ちでないというかたも多いと思います。高槻藩士であったご先祖様について、分限帳などが掲載されている資料をご紹介いたします。

「御当家古分限帳」

高槻藩永井家の分限帳「御当家古分限帳」が、高槻市立しろあと歴史館発行の「しろあとだより」に翻刻されたものが掲載されています。
寛文10年(1670年)頃のもののようです。

下記リンク先よりPDFでご覧いただけます。
「しろあとだより 第6号」(「御当家古分限帳」の前半部分が掲載)
「しろあとだより 第8号」(「御当家古分限帳」の後半部分が掲載)

 

続きを読む 高槻藩士の調べ方

福井藩士の調べ方

戸籍でご先祖様をさかのぼった後も、さらにもっとご先祖様に関する資料を取得したい、そうお考えの方も大勢いらっしゃると思います。
ご先祖様がかつて士族であったかたは、武士の名簿のようなものを調べることにより戸籍以上にさかのぼれることがあります。藩士の役職や禄高を記した侍帳分限帳などと呼ばれるものや、藩士の家系の代々の由緒を記した由緒録などと呼ばれる資料です。
それらを調べることによって、戸籍以上にご先祖様がさかのぼれる場合や江戸時代の藩士としての役職や給料などがわかることもあり、中には先祖代々の家系図まで記載されていることもあります。

分限帳や侍帳や由緒録は藩ごとに呼び名も異なり編製される内容や頻度も異なります。下級士族だったかたについてはあまり掲載されていないことも多々あります。また、どこにどのような形態で保管されているかも当時の藩に相当する現在の都道府県によって大きく異なります。
当時の原本そのものは都道府県立の大きな図書館や文書館などに保管されていることが多いですが、撮影されたものや活字化されたものが郷土史に掲載されているものもあります。

 

先祖が福井藩士であったと伝え聞いてはいるものの、その資料を何もお持ちでないというかたも多いと思います。福井藩士であったご先祖様について、分限帳などが掲載されている資料やその調べ方をいくつかご紹介いたします。

(1)「福井藩士履歴」

福井藩士履歴
約3000家の福井藩士のうち、上級中級士族約900家の藩士の履歴だそうです。福井県立図書館に保管されている「松平文庫」の中の「剝札」「士族」をもとに作成されたそうです。
2017年現在はまだ5巻までしか刊行されていませんでしたが、2018年2月に全6巻が刊行されました。
福井県文書館刊行の郷土資料であり蔵書されているのは大きな図書館だけであると思われますが、実はこの「福井藩士履歴」は福井県文書館のHPで全文が公開されています。

下記リンク先の福井県文書館HPよりご覧いただくことが出来ます。
「福井藩士履歴1 あ~え 福井県文書館資料叢書9」
「福井藩士履歴2 お~く 福井県文書館資料叢書10」
「福井藩士履歴3 け~そ 福井県文書館資料叢書11」
「福井藩士履歴4 た~ね 福井県文書館資料叢書12」
「福井藩士履歴5 の~ま 福井県文書館資料叢書13」
「福井藩士履歴6 み~わ 福井県文書館資料叢書14」

 

 

(2)「松平家蔵 慶永公御代給帳」

福井藩士
ー国立国会図書館ウェブサイトから転載ー

松平慶永(=松平春嶽)が藩主であった嘉永5年の分限帳。
下記リンク先の国会図書館デジタルコレクションにてパソコンから閲覧することが可能です。

「松平家蔵 慶永公御代給帳」

 

 

この他にも福井藩士に関する記録は下記の書籍にも掲載されているようです。
福井県内の図書館でしたら所蔵しているところも多いと思いますが、都道府県立の大きな図書館であれば福井県以外でも所蔵している図書館はあるようです。
お近くの図書館に所蔵がない場合でも図書館相互貸し出しなどで借りられることもあるようですので、福井藩士のご先祖様のことを調べてみようとお思いのかた、ぜひ活用してみて下さい。

(3)「福井県史 資料編3」

(4)「福井県史 資料編4」

(5)「片聾記・続片聾記」

 

続きを読む 福井藩士の調べ方

大野藩士の調べ方

戸籍でご先祖様をさかのぼった後も、さらにもっとご先祖様に関する資料を取得したい、そうお考えの方も大勢いらっしゃると思います。
ご先祖様がかつて士族であったかたは、武士の名簿のようなものを調べることにより戸籍以上にさかのぼれることがあります。藩士の役職や禄高を記した侍帳分限帳などと呼ばれるものや、藩士の家系の代々の由緒を記した由緒録などと呼ばれる資料です。
それらを調べることによって、戸籍以上にご先祖様がさかのぼれる場合や江戸時代の藩士としての役職や給料などがわかることもあり、中には先祖代々の家系図まで記載されていることもあります。

分限帳や侍帳や由緒録は藩ごとに呼び名も異なり編製される内容や頻度も異なります。下級士族だったかたについてはあまり掲載されていないことも多々あります。また、どこにどのような形態で保管されているかも当時の藩に相当する現在の都道府県によって大きく異なります。
当時の原本そのものは都道府県立の大きな図書館や文書館などに保管されていることが多いですが、撮影されたものや活字化されたものが郷土史に掲載されているものもあります。

 

大野藩士
ご先祖様が大野藩士であったかたの資料としては、「大野市史(第4巻) 藩政史料編1」という郷土史をまずはご覧になるとよいでしょう。
この郷土史には下記の由緒書や分限帳が活字化されて掲載されています。ただし、由緒書と分限帳は抜粋となっているとのことです。

「土井家家臣由緒書」(抜粋、寛永年間から文久年間にかけて加筆)
「土井家職制帳」(寛永年間から安政年間)
「土井家分限帳」(抜粋、文政年間から明治2年時点)
「大野御家中知行切米分限」(天和3年)
「大野家中屋敷割帳」

かつての大野藩があった福井県内の図書館でしたら「大野市史」を所蔵しているところも多いと思いますが、都道府県立の大きな図書館であれば福井県以外でも所蔵している図書館はあるようです。
お近くの図書館に所蔵がない場合でも図書館相互貸し出しなどで借りられることもあるようですので、大野藩士のご先祖様のことを調べてみようとお思いのかた、ぜひ「大野市史(第4巻) 藩政史料編1」を活用してみて下さい。

 

続きを読む 大野藩士の調べ方

長岡藩士の調べ方

戸籍でご先祖様をさかのぼった後も、さらにもっとご先祖様に関する資料を取得したい、そうお考えの方も大勢いらっしゃると思います。
ご先祖様がかつて士族であったかたは、武士の名簿のようなものを調べることにより戸籍以上にさかのぼれることがあります。藩士の役職や禄高を記した侍帳分限帳などと呼ばれるものや、藩士の家系の代々の由緒を記した由緒録などと呼ばれる資料です。
それらを調べることによって、戸籍以上にご先祖様がさかのぼれる場合や江戸時代の藩士としての役職や給料などがわかることもあり、中には先祖代々の家系図まで記載されていることもあります。

分限帳や侍帳や由緒録は藩ごとに呼び名も異なり編製される内容や頻度も異なります。下級士族だったかたについてはあまり掲載されていないことも多々あります。また、どこにどのような形態で保管されているかも当時の藩に相当する現在の都道府県によって大きく異なります。
当時の原本そのものは都道府県立の大きな図書館や文書館などに保管されていることが多いですが、撮影されたものや活字化されたものが郷土史に掲載されているものもあります。

 

長岡藩士
ご先祖様が長岡藩士であったかたの資料としては、「長岡市史双書No.41 長岡藩政史料集(6) 長岡藩の家臣団」という書籍をまずはご覧になるとよいでしょう。
この郷土史には下記のように多くの時代の分限帳が活字化されて掲載されています。巻末には長岡藩士の人名索引も掲載されています。

「元和四長峯より長岡江御引越人数 長岡寛永分限帳 全」
「長岡寛文分限帳 全」
「長岡延宝分限帳 全」
「長岡元禄分限帳 全」
「長岡宝永分限帳 全」
「長岡正徳分限帳 全」
「長岡寛保分限帳 全」
「長岡延享分限帳 全」
「長岡家中居屋敷禄高調」
「御家中府」
「長岡藩家中禄高調」
「長岡安政分限帳 全」
「明治2年 長岡藩士族総名順」

 

長岡藩士
「長岡市史双書No.23 長岡藩政史料集(4) 長尾平蔵収集長岡藩史料」という書籍にも「明治2年 長岡藩士族総名順」が掲載されています。

かつての長岡藩があった新潟県内の図書館でしたら「長岡市史双書」を所蔵していることも多いと思いますが、都道府県立の大きな図書館であれば新潟県以外でも所蔵している図書館はあるようです。
お近くの図書館に所蔵がない場合でも図書館相互貸し出しなどで借りられることもあるようですので、長岡藩士のご先祖様のことを調べてみようとお思いのかた、ぜひ「長岡市史双書No.41 長岡藩政史料集(6) 長岡藩の家臣団」を活用してみて下さい。

 

続きを読む 長岡藩士の調べ方

小浜藩士の調べ方

戸籍でご先祖様をさかのぼった後も、さらにもっとご先祖様に関する資料を取得したい、そうお考えの方も大勢いらっしゃると思います。
ご先祖様がかつて士族であったかたは、武士の名簿のようなものを調べることにより戸籍以上にさかのぼれることがあります。藩士の役職や禄高を記した侍帳分限帳などと呼ばれるものや、藩士の家系の代々の由緒を記した由緒録などと呼ばれる資料です。
それらを調べることによって、戸籍以上にご先祖様がさかのぼれる場合や江戸時代の藩士としての役職や給料などがわかることもあり、中には先祖代々の家系図まで記載されていることもあります。

分限帳や侍帳や由緒録は藩ごとに呼び名も異なり編製される内容や頻度も異なります。下級士族だったかたについてはあまり掲載されていないことも多々あります。また、どこにどのような形態で保管されているかも当時の藩に相当する現在の都道府県によって大きく異なります。
当時の原本そのものは都道府県立の大きな図書館や文書館などに保管されていることが多いですが、撮影されたものや活字化されたものが郷土史に掲載されているものもあります。

 

小浜藩
ご先祖様が小浜藩士であったかたの資料としては、「小浜市史 藩政史料編2」をまずはご覧になるとよいでしょう。
この郷土史には下記の由緒書が約346ページにわたり、また、分限帳が約212ページにわたり活字化されて掲載されています。巻末には小浜藩家臣由緒書の人名索引も掲載されています。

・由緒書
「安永3年小浜藩家臣由緒書」

・分限帳
「寛永14年分限帳」
「寛永17年小浜分限帳」
「寛永18年分限帳」
「万治元年分限帳」
「寛文7年分限帳」
「寛文12年小浜分限帳」
「寛文13年江戸分限帳」
「貞享2年江戸分限帳」
「元禄2年小浜分限帳」
「元禄3年江戸分限帳」
「正徳2年江戸分限帳」
「享保14年小浜分限帳」
「寛延元年江戸分限帳」
「明和3年小浜分限帳」
「天明4年江戸分限帳」
「寛政6年分限帳」
「文化8年京都分限帳」
「弘化2年京都分限帳」
「嘉永5年小浜分限帳」

小浜藩において藩士の由緒書は、延宝8年、安永3年、文化8年、嘉永3年、元治元年の少なくとも5回作成されたそうです。
小浜市史に掲載されているのは安永3年の由緒書だけですが、その他の年代のものは全てではないものの現存しているようです。

かつて小浜藩のあった福井県内の図書館でしたら「小浜市史」を所蔵していることも多いと思いますが、都道府県立の大きな図書館であれば福井県以外でも所蔵している図書館はあるようです。
お近くの図書館に所蔵がない場合でも図書館相互貸し出しなどで借りられることもあるようですので、小浜藩士のご先祖様のことを調べてみようとお思いのかた、ぜひ「小浜市史」を活用してみて下さい。

 

続きを読む 小浜藩士の調べ方