「明治19年式戸籍」タグアーカイブ

明治19年式戸籍の解説(2)

巻物家系図

架空の明治19年式戸籍の見本です。

戸籍事項欄をご覧いただきますと、1行目に「明治22年3月4日相続」と書かれていることを確認していただけると思います。
この戸籍のひとつ前の戸籍を申請するにあたり、前戸主の記載や相続年月日を見ると、戸主:江戸三郎のものが存在することが読み取れます。本籍地は「寺町13番戸」です。

これと同じ事例において役所に申請をしたところ、「寺町13番戸には、戸主:江戸三郎の戸籍はありません」といわれたことがあります。

明治19年式戸籍が出来た時期は、当時の市町村役場によりまちまちです。そのため明治23年頃になってから初めて明治19年式戸籍が編製された役場もございます。
また、明治22年相続前の戸籍は除籍となってからかなりの年数を経過しているので廃棄されていてもおかしくありませんし、廃棄されたという事実の記録が残っていなくてもおかしくない事案です。

 

しかしながら、「戸籍はありません」と言われた理由は別のところにありました。

 

続きを読む 明治19年式戸籍の解説(2)

明治19年式戸籍の解説(1)

巻物家系図

架空の明治19年式戸籍の見本です。

本籍地記載部分をご覧いただきますと、「同郡同村大字寺町13番戸」と書かれていることを確認していただけると思います。
「同郡同村」と書かれているからにはどこかと同じ郡で同じ村であるのですが、その郡名や村名がどこにも書かれていません。

おそらくはこの戸籍が出来たときに、戸籍簿を書いた役所のかたが記載を省略して「同郡同村」と書いたのではないかと思われます。
役所では本籍地番ごとに綴って保管されているので、役所の担当者から見れば確かに「同郡同村」であるのかもしれませんが、請求なさったかたからすればどこの村と「同郡同村」なのかわからないことになってしまいます。

今回の明治19年式戸籍の例のように「同村同字」となってしまっている戸籍を見かけることもよくございます。
このようなときは、発行元の役所に質問していただくと教えていただけると思いますので、発行元の役所に問い合わせてみてください。

明治19年式戸籍は一応は決まった書き方というものがありましたが、現代ほど通信事情が発達していない時代のことでございますから、全国の役場に通達が行き届いていなかったり当時の担当者ごとに記載方法が少しづつ異なっていることも珍しくありません。
 

 

 

ご先祖様がかつて住んでいたところを探す

町名新旧対照表

とある地方の町名の新旧対照表です。
この資料を頼りに、町名変更の変遷を調べてまとめています。

現地調査をご依頼いただいている案件で、残念ながら明治19年式戸籍までさかのぼれず、明治初期の本籍地や居住地がわからないという状態です。

取得できた戸籍で最古のものが大正時代に編製されたものであり、江戸時代にご先祖様が暮らした地域とは全く異なる場所であることはわかっておりました。

ご親戚筋にお話しをうかがったところ、「どうも○○あたりに住んでいたらしい」という情報をいただくことができました。

そこで次におこなうのが旧土地台帳の閲覧です。
しかし、明治初期の本籍地もわかりませんし、確実にそこに住んでいらしたという証拠もありません。
まして、土地を所有していらっしゃらなかったとしたら旧土地台帳からは調査をすることができません。
さらに、村全部の旧土地台帳の閲覧となりますと、かなりの分量の旧土地台帳を閲覧することになります。

しかしながら、戸籍以上にさかのぼって家系調査をして家系図に書き上げるために最も重要なことは、粘り強さとあきらめの悪さ。

少ないながらも存在する可能性にかけて調査をしてきたいと考えております。

 

 

戸籍の見本

現行法上取得できる戸籍には下記5種類の様式のものがあります。
戸籍に関する法律が改正された年代をとって、通称「○○年式戸籍」と呼ばれております。

 

平成6年式戸籍

平成6年式戸籍
クリックで拡大

平成6年10月31日法務省令第51号 戸籍法施行規則第73条
現行のコンピュータ化された戸籍です。
平成6年式戸籍を採用していない役所は、現行の戸籍に昭和23年式を使用し、平成6年式戸籍を採用している役所は現行の戸籍に平成6年式戸籍を使用しています。
戸籍の記載事項が横書きとなっているのが大きな特徴です。

 

 

昭和23年式戸籍

昭和23年式戸籍
クリックで拡大

昭和22年12月29日司法省令第94号戸籍法施行規則第1条
現行の戸籍です。
既に平成6年の法改正によりコンピュータ化された戸籍簿も扱われておりますが、平成6年式戸籍への移行はまだすべての役所で完了しておらず、この昭和23年式の様式の戸籍を現在の戸籍として取り扱っている役所も多く存在します。

 

 

大正4年式戸籍

大正4年式戸籍
クリックで拡大

大正3年10月3日司法省令第7号戸籍法施行細則第1条
「戸主ト爲リタル原因及ビ年月日」欄がなくなり、家督相続などに関しては「事項欄」に記載されるようになりました。

 

 

明治31年式戸籍

明治31年式戸籍
クリックで拡大

明治31年7月13日司法省令第5号戸籍取扱手続第2条
「戸主ト爲リタル原因及ビ年月日」欄が大きな特徴です。

 

 

明治19年式戸籍

明治19年式戸籍
クリックで拡大

明治19年10月16日内務省訓令第22号戸籍取扱手続
現行法上、役所から入手することができる最も古い戸籍です。
平民・士族と言った身分事項も記載されていましたが、現在は削除されています。