「戸籍」タグアーカイブ

婚姻日付の謎

「先祖から伝え聞いていた婚姻日と戸籍上の婚姻日が大きく異なるのですが、何故ですか?」

家系図作成業務をおこなっていますと、このような質問をいただくことがあります。
単に記憶違いと言うことも考えられますが、これまでにいくつかの事情をうかがったことがあります。

 

届出を出しに行けなかった
現代ほど交通事情が発達していなかった時代では役所へ届出をするだけでも一苦労といった地域もあったと思われます。
そのため婚姻をして事実上の夫婦でありながらも、届出が大幅に遅れたという事情をうかがったことがあります。

 

戸籍上の届出を出すことを許してもらえなかった
実際に婚姻生活をおくりながらも、子供が無事に誕生するまでは入籍届出をだすことを戸主である舅やその妻である姑に認めてもらえなかったということを聞いたことがあります。
時代や地域性なども関係するものと思われますが、子供が誕生してからすぐに戸籍上の婚姻届出が出されている例をいくつも見てきましたし、そのような理由があったということもうかがったことがございます。

 

 

 

家系図の製作工程

家系図作成のご依頼をいただいてから完成までの製作工程は、大きく分けて3つあります。

(1)戸籍を取得
(2)家系図を作図
(3)仕上げ

 

(1)戸籍を取得

まずはご依頼人様の出生までさかのぼる戸籍を取得し、ご依頼いただいた系統数に応じて父方のみや母方のみ、またはすべてのご先祖様の出生から死亡まで戸籍を集めていきます。
戸籍は郵送で申請をしていますので、近くの役所であったり申請件数が少ないと3日ほどで返送されてくることもありますが、3月4月の役所の繁忙期だったり離島などの場合には3週間以上かかることもたまにあります。平均して1~2週間といったところでしょうか。
この工程では「戸籍を漏れなく取得する」ことがとても大切です。

 

(2)家系図を作図

戸籍の収集作業が完了したら、今度はその戸籍を読み解いていきます。
古い戸籍は、変体仮名で書かれていたり難字・異体字・筆文字で書かれていることも多く、事務所や図書館で辞典を見ながらでも、たった一文字解読するのに半日かかることもたまにあります。
家系図は専用ソフトを使用せず一太郎というワープロソフトを使用しています。お名前の配置や罫線はすべてゼロの状態から書き上げる必要がありますが、自由にアレンジすることが出来ます。
解読と作図作業は、時には役所の担当者に質問をしながら1~2週間ほどかけて書き上げます。
この工程では「戸籍を正確に解読」することと「家系図をみやすく、かつ、美しく書きあげる」ことがとても大切です。

 

(3)仕上げ

家系図を書き上げて下書きの段階まできましたら残るは仕上げ作業です。
下書きを印刷し、家系図に書かれている文字を一字一句チェックしていきます。
当然、お名前だけの家系図よりも出生死亡が記載されている家系図のほうが情報量が多いのでチェック作業も時間がかかります。
チェック作業は自分が納得いくまで何度もおこないます。私の場合、最後の最後のチェック作業は頭がさえている午前中になるべくおこなうようにしています。
この工程では「間違いのない家系図を作成する」ことがとても大切です。

 

今日は事務所に閉じこもって二件ほど仕上げ作業をおこなっております。

東京大空襲から67年

67年前の3月10日に東京大空襲がありました。

仕事で戸籍を扱う以前も東京大空襲のことはおぼろげながらも知っていました。

しかし家系図作成業務を始めて戸籍を扱うことになり、東京都内の区役所から戸籍が焼失している旨の告知書が届いてその日付が昭和20年3月10日焼失であるのを見ると、戦争の爪跡というものをとても身近に感じます。

 

 

 

家系図作成のための戸籍取得方法解説

大正4年式戸籍
クリックで拡大

大正4年式戸籍の見本です。
お名前や地名はすべて架空のものです。

 

 

大正4年式戸籍
クリックで拡大

上記戸籍の事項欄を拡大したものです。
この戸籍は大正5年に静岡権太死亡により編成され、昭和3年に静岡太郎が家督相続するまでの期間のものです。
静岡家をさかのぼるには、戸主:静岡太郎の戸籍を北海村(架空の地名です)に申請する必要があります。

しかし、北海村では除籍後80年経過により既に廃棄されておりました。(現在は除籍後150年で廃棄となる規定)

この場合にはこれ以上さかのぼることはできないのでしょうか?
可能性は低いのですが、さかのぼることが出来るかも知れない方法があります。

続きを読む 家系図作成のための戸籍取得方法解説

いろいろな戸籍用紙2

練馬区の戸籍に使用されている用紙です。
各地のゆるきゃらが描かれているものはよく見かけますが、中にはアニメのイラストが描かれているものもあります。

戸籍

戸籍用紙の右上と左下に銀河鉄道999のイラストが描かれています。

 

 

いろいろな戸籍用紙

戸籍に使用されている用紙は一昔前は普通の白い用紙ばかりでしたが、現在では発行する役所によって実に様々なものがあります。

不正コピー防止のためにすかしが入っているところが多いですが、中にはこのような特殊な用紙を使用している役所もあります。

戸籍
指で押さえると???

 

戸籍
指で押さえてみる!!!

 

 

戸籍
消えた???
実際には本当に消えるのですが、写真を撮るまでにもとに戻ってしまいました。
どうやら熱に反応する特殊なインクのようです。

戸籍法施行規則改正

平成22年6月1日に戸籍法施行規則が改正され、除籍簿の保存期間が150年に延長されました。

これまでは除籍後80年を経過した戸籍は順次廃棄されていました。
全ての役所において80年経過後に戸籍が即時廃棄されていたのではなく、80年経過後も保管されていた役所も沢山ございます。
今回の改正にあたり、既に戸籍が廃棄されてしまっている場合では残念ながら復元されることはないようです。

 

今後しばらくは古い戸籍も廃棄されることなく保管されることになったわけですが、近い将来には150年の保存期間満了の日が訪れるということになります。
家系図を作りたいとお思いの方は、やはり少しでも早めに実行されるのがよろしいかと思います。