「戸籍の読み方」タグアーカイブ

明治19年式戸籍の解説(2)

巻物家系図

架空の明治19年式戸籍の見本です。

戸籍事項欄をご覧いただきますと、1行目に「明治22年3月4日相続」と書かれていることを確認していただけると思います。
この戸籍のひとつ前の戸籍を申請するにあたり、前戸主の記載や相続年月日を見ると、戸主:江戸三郎のものが存在することが読み取れます。本籍地は「寺町13番戸」です。

これと同じ事例において役所に申請をしたところ、「寺町13番戸には、戸主:江戸三郎の戸籍はありません」といわれたことがあります。

明治19年式戸籍が出来た時期は、当時の市町村役場によりまちまちです。そのため明治23年頃になってから初めて明治19年式戸籍が編製された役場もございます。
また、明治22年相続前の戸籍は除籍となってからかなりの年数を経過しているので廃棄されていてもおかしくありませんし、廃棄されたという事実の記録が残っていなくてもおかしくない事案です。

 

しかしながら、「戸籍はありません」と言われた理由は別のところにありました。

 

続きを読む 明治19年式戸籍の解説(2)