「家系図」タグアーカイブ

巻物家系図お仕立て見本

当事務所がお仕立てする巻物家系図の見本ページです。

貴家代々のご先祖様を戸籍で調査し、本格的な巻物家系図に仕立てることが出来ます。
巻物家系図はパソコンで印刷したものを表装したお求めやすいお値段のものから、書家先生に代筆していただく本格的な毛筆の巻物家系図まで三種類をお選びいただけます。

全系統家系図をそのまま巻物家系図に仕立てることが出来ることは、あまり他社様には無い当事務所の巻物家系図の大きな特長です。

 

 

ピンパソコン印刷版巻物家系図

パソコン印刷版巻物家系図

プリンターで印刷した家系図を表装のプロである表具師に巻物仕立てにしていただきます。
家宝として末永く保管していただけます。
桐箱付きですが、桐箱に家名の箱書きは入りません。

巻物素材:軸…プラスチック  布地…綿
製作期間戸籍調査終了後約三週間
作成料金:一系統 ~102,600円(戸籍調査+巻物製作)
二系統 ~167,400円(戸籍調査+巻物製作)
全系統 ~297,000円(戸籍調査+巻物製作)
戸籍の調査範囲により異なりますので料金の詳細はこちらのページをご覧ください

 

 

 

ピン書家代筆版巻物家系図仮巻仕立て

書家代筆版巻物家系図仮巻仕立て

書家先生に和紙に毛筆で代筆していただいたものを巻物に仕立てます。手書きの文字にはあたたかさがあります。
簡素な表装のため「仮巻仕立て」と名前がつきますが、決して仮の状態の巻物では無く丁寧に裏打ちをいたしております。
桐箱に家名が入ります。

巻物素材:軸…かりん  布地…化繊
製作期間戸籍調査終了後約二ヶ月
作成料金:一系統 ~151,200円(戸籍調査+巻物製作)
二系統 ~226,800円(戸籍調査+巻物製作)
全系統 ~367,200円(戸籍調査+巻物製作)
料金は戸籍の調査範囲により異なり、全系統の巻物作成は戸籍調査結果により異なることもありますので詳細はこちらのページをご覧ください

 

 

 

ピン書家代筆版巻物家系図

書家代筆版巻物家系図

書家先生に和紙に毛筆で代筆していただいたものを巻物に仕立てます。手書きの文字にはあたたかさがあります。
上記の仮巻仕立てに比べ最高品質の和紙を使用し、生地の手ざわりも最高です。
桐箱に家名が入ります。

巻物素材:軸…黒檀印巻 布地…正絹緞子(しょうけんどんす)
製作期間戸籍調査終了後約二ヶ月から二ヶ月半
作成料金:一系統 ~172,800円(戸籍調査+巻物製作)
二系統 ~259,200円(戸籍調査+巻物製作)
全系統 ~410,400円(戸籍調査+巻物製作)
料金は戸籍の調査範囲により異なり、全系統の巻物作成は戸籍調査結果により異なることもありますので詳細はこちらのページをご覧ください

 

 

巻物家系図のみの作成や古い巻物家系図の再仕立て・修復のご相談やお見積もりもお受けたまわります。
お気軽にお問い合わせください。

 

 

ピン家系図の作成を代行いたします!

「家系図を自分で作るのは難しそうだ…」
「やっぱりプロに家系図の作成をお願いしたい」
とお思いの方、当事務所ではご依頼人様に代わってご先祖様を戸籍で調べて家系図を作成いたしております。
まずは今すぐ無料資料請求で、じっくりとご検討ください。
郵送もしくはPDFファイルのダウンロードをお選びいただけます。


(*)は必須項目です。

お名前 *


メールアドレス *


お電話番号 *


郵便番号・ご住所 *
 


ご希望の資料送付方法 *
(PDF版をご希望の場合には、ダウンロードアドレスをメールでお知らせいたします)
 


備考欄(ご質問などがございましたらお書きください)



上記の内容で送信します。よろしければチェックを入れて送信ボタンを押してください。
 確認OK!


ご入力いただいた個人情報は資料の発送にのみ使用させていただきます。
なお、資料のご請求は作成をご検討されるご本人様よりお願いいたします。
家系図作成のご依頼は北海道から沖縄まで全国よりお申し込みいただけます。
郵便は原則として翌営業日までには発送いたしますが、一週間ほど経過しても当事務所より資料が届かない場合にはお電話にてご連絡いただければ幸いです。

上記フォームからの送信がうまくいかない場合は、お電話・FAXでも受付いたしております。

TEL:046-296-9300(平日 09:00~17:00)
FAX:050-3730-8291

 

 

行政書士橋本雅幸事務所

家系図と戸籍の関係

家系図を作成するために先祖を知る方法はどうしたら良いのでしょうか?

 

このようなご質問をいただくことが多々あります。
身近なところでは、父母や祖父母、親族の年長者に尋ねてみるのも良いでしょう。しかしながらそれでは調査に限界もありますし、周りに年長者がいないという人もいるでしょう。
そんなとき、自分のご先祖様を確実に知り家系図として残すための手段、それが戸籍なのです。戸籍制度は明治時代初期に確立し、以後、途絶えることなく連綿と続いています。

続きを読む 家系図と戸籍の関係

家系図の書き方

家系図の書き方には、「こうしなければいけない」という決まりは特にありませんので、ご自身が見やすいようにレイアウトして自由に書いていただいて構いません。
しかしそれではどう書いて良いのか迷ってしまうかたも多くいらっしゃると思いますので、ここでは一般的に用いられる書き方の家系図3種類と、家系図上での罫線の引き方や人物の配置方法をいくつかご紹介いたします。

続きを読む 家系図の書き方

Amazonでのレビュー

拙著「自分でつくれる200年家系図」にAmazonで5件のレビューをいただきました。

 

これまでの家系図作成関連書籍とは異なり、戸籍の集め方の解説に重点を置いた一番やさしい家系図の本を目指して書きました。

書籍に登場する架空の見本戸籍が旬報社のサイトよりダウンロードすることができますので、戸籍を手元におきながらお読みいただきますと、さらに理解が深まると思います。

書くことをとおして少しでも皆様のお役に立てたようで、とても嬉しく思います。
お読みくださり誠にありがとうございます。

 

家系図作成講座のご報告(2015年4月期の第2回目講義)

平成27年5月16日(土)は、よみうりカルチャー横浜で家系図作成講座「家系図の魅力と作り方」第2回目がありました。

 

家系図作成講座

今回も私は講師ではなく運営のお手伝いで参加してきました。講師は安藤先生がご担当です。
少人数の講義でございましたため、とてもアットホームな講義となり、受講者からのご質問もたくさんいただきました。

全3回の講座で、次回の第3回目の講義は平成27年6月20日(土)となります。

 

家系図作成講座の講師のご用命がございましたらお気軽にご相談ください。
終活セミナーでの家系図作成講座なども、きっとご関心が高いことであると思います。

 

最新の家系図作成講座の日程は、家系図作成講座ご案内のページをご覧ください。

 

家系図作成講座のお知らせ(2014年4月期)

家系図作成講座

2015年5月16日(土)は、よみうりカルチャー横浜において家系図作成講座「家系図の魅力と作り方」の第2回目の講義があります。
月一回の講義で全三回となり、第二回目まででしたら途中からの受講も可能です。

熱心な受講者様に毎回受講いただき、とてもご好評をいただいている講座です。
今回の講師は安藤先生がご担当なされますが、私もアシスタントとして参加させていただきます。

 

最新の家系図作成講座については、家系図作成講座ご案内のページをご覧ください。

 

 

 

戸籍不正閲覧で50人分の家系図作成 

 

ヤフーニュースから【戸籍不正閲覧で50人分の家系図作成】

ご自身の直系に関する戸籍だけを取得したのか、それとも傍系の方々の戸籍まで閲覧したのかはわかりません。

戸籍はプライバシーに関する重要な書類ですから私もその取り扱いに関しては非常に気をつけているだけに、とても残念なニュースだと思います。

 

戸籍が取得できる範囲は?

家系図作成を理由として取得できる戸籍の範囲は直系(上下のつながり)に限られます。
そのため、祖父の兄弟姉妹や曽祖父の兄弟姉妹といった傍系の方々の戸籍は取得することは出来ません。

ただし、祖父の兄弟姉妹は婚姻などで別戸籍に出て行くまでの期間は祖父と同一の戸籍に入籍しており、あくまでも祖父の戸籍を取る過程においては取得することが出来ます。

ですが、直系ご先祖様とは別の戸籍に入籍された以降のものは家系図作成を理由として取得することが出来ません。

 

 

享和年間

取り寄せた古い戸籍を見ていましたら、享和年間出生のかたが記載されていました。

享和年間といってもピンっとくるかたはあまりいらっしゃらないと思いますが、西暦にいたしますと1801年から1803年が享和という元号になります。
アメリカ船が長崎にやってきて通商を要求し幕府が拒絶した、という出来事が起こったのが享和3(1803)年のことです。
今から約210年も前の出来事です。

 

戸籍の元号を眺めながら当時のご先祖様の暮らしぶりに思いを馳せる、これもまた家系図作成の魅力の一つであると思います。

関連ページ:元号西暦一覧表

 

 

 

 

宗門人別帳について

宗門人別帳

戸籍以上にご先祖様をさかのぼって家系図を作成する際に参考となる資料は様々なものがございます。

戸籍調査とは全く異なり決まった調査方法は存在せず、各家ごとにそれぞれ調査方法がございます。

ですが、戸籍以上の調査においてみるべき資料の中に宗門人別帳というものがございます。
これはキリシタン禁制であった江戸時代において、キリシタンではないことの証明のような文書です。

実は、この宗門人別帳がどこに存在するのか、探し出すにはどうしたらよいのかがとても難しいのです。

郷土資料の収集に力を入れている自治体ですと、上の写真のように郷土誌上に活字化された宗門人別帳が記載されていることも結構あります。
このような場合には探す手間も、また、活字化されていることによって判読する手間も省くことができます。

ただし私は、場合によっては郷土誌に記載されている資料の原本を直接閲覧しに行くこともございます。

宗門人別帳には、その家ごとに家族構成や年齢が記載され、場合によっては所有していた牛や馬の頭数、所有田畑の石高、使用人の名前なども記載されていることもあります。

戸籍以上の調査においては、まずは郷土誌に目を通してみることがとても重要です。

 

 

当事務所では戸籍調査のみならず、文献調査現地調査家紋調査などの本格的なご先祖様調査も承っています。
お気軽にお問い合わせください。