「先祖調査」タグアーカイブ

ご先祖様がかつて住んでいたところを探す

町名新旧対照表

とある地方の町名の新旧対照表です。
この資料を頼りに、町名変更の変遷を調べてまとめています。

現地調査をご依頼いただいている案件で、残念ながら明治19年式戸籍までさかのぼれず、明治初期の本籍地や居住地がわからないという状態です。

取得できた戸籍で最古のものが大正時代に編製されたものであり、江戸時代にご先祖様が暮らした地域とは全く異なる場所であることはわかっておりました。

ご親戚筋にお話しをうかがったところ、「どうも○○あたりに住んでいたらしい」という情報をいただくことができました。

そこで次におこなうのが旧土地台帳の閲覧です。
しかし、明治初期の本籍地もわかりませんし、確実にそこに住んでいらしたという証拠もありません。
まして、土地を所有していらっしゃらなかったとしたら旧土地台帳からは調査をすることができません。
さらに、村全部の旧土地台帳の閲覧となりますと、かなりの分量の旧土地台帳を閲覧することになります。

しかしながら、戸籍以上にさかのぼって家系調査をして家系図に書き上げるために最も重要なことは、粘り強さとあきらめの悪さ。

少ないながらも存在する可能性にかけて調査をしてきたいと考えております。

 

 

ご先祖様調査に国会図書館を活用しよう!

もし国立国会図書館のお近くにお住まいでしたら、戸籍による先祖調査の次に国会図書館での調査でもご先祖様についていろいろな資料が入手できることがあります。

国会図書館の調査で戸籍以上のご先祖様をさかのぼることは、ご先祖様が先祖代々続く旧家であったり士族名簿が残っている場合などの限られた場合にしか判明しませんが、ご先祖様により想いを馳せるための資料でしたら取得することが出来ます。

ご先祖様のお墓探し

「先祖のお墓を探したいのですが、何か良い方法はありますか?」

 

家系図作成業務をおこなっていますと、お墓に関するご相談も多くいただきます。

江戸時代にお生まれになったご先祖様のお墓を探し出すにあたっては、まずは戸籍でご先祖様を可能な限りさかのぼり明治時代初期の本籍地までを特定することがやはり近道であると思います。

市町村合併で現在は大きくなっている市であっても、最も古い戸籍に記載されている町名や字名などを手がかりにご先祖様が住んでいたと思われる地域を絞り込むことができると思います。
そのうえで、寺院一覧などを頼りにひとつずつお調べしていくのがよろしいかと思います。

しかし、○○市内に先祖伝来の墓地があるのはわかっている場合であっても、戸籍の廃棄や滅失などによりその○○市が記載されている戸籍までたどり着けなかった場合には、墓地探し範囲も広大なものになり中々難しくなってしまうと思われます。

 

当事務所では戸籍調査の他にも、ご先祖様のお墓探しや家紋調査などの現地調査をともなう、ご先祖様の徹底調査も承っております。

まずはお気軽にご相談ください。

 

 

先祖のルーツをたどる/釧路でブーム

釧路新聞のウェブサイトに家系図関連の記事が掲載されていました。
私自身もそうでしたが、自分で戸籍を取り寄せて少しずつご先祖様が判明していくのはとても感動を覚えました。

私は神奈川県出身ですが、母は北海道出身です。
母方のご先祖様がいつ頃にどこから北海道へと渡ったのかなども戸籍収集を通して知ることが出来ました。

家系図を作成してみたいけど自分ではちょっと難しそう…という方がいらっしゃいましたら、ぜひ経験豊富な当事務所にお任せ下さい。

 

 

 

家系図がつなぐ不思議な縁

日々、家系図作成業務を行っております。

先日、お客様のご先祖様をさかのぼったのですが、そのご先祖様が私のご先祖様と同じ村出身でした。

しかも、同じ村内で二軒隣に居住していたようです。
これだけでも凄い偶然なのですが、さらに名字も一緒
二軒隣で同じ名字とは言え、遠縁にあたる方なのかそれともたまたま同じ名字なのかまでは分かりませんでした。

しかし、現代よりも隣近所の付合いというのは濃かったと思われますので、何らかの接点はあったのではないかと推測できます。
そのお客様とはとても不思議なご縁を感じたお盆の出来事でした。

お客様との御縁をもしかしたらつないでくれたご先祖様に感謝です。