「家系図作成」タグアーカイブ

公図の貼り合わせ

公図

現在取り組んでいるご先祖様徹底調査案件で資料として使うため、公図を切ったり貼ったりしながらお手製の明治期の地図を作成しています。

この公図は旧土地台帳付属地図の公図を使用しております。作られた正確な年代は不明ですが、明治時代に作成されたものだと思います。
貼り合わせた公図に、旧土地台帳から判明したかたがたのお名前、郡村宅地・畑・田・墓地などの地目などを書き込んでいきますと、明治時代の地図が出来上がります。

お客様のご先祖様ですが、当時そこに住んでいらした方々の息吹が何だか感じられて、私としてもとても楽しい作業です。

 

 

 

奇跡のような出来事

スタンダード家系図は戸籍をかなり読み込んだ上で作成しますので、お名前や本籍地番をしばらくは私も記憶しています。

現在ご依頼をいただいている案件で戸籍を眺めていると、どうも見覚えのある地名と地番、そしてお名前。

 

「まさかね…」などと思いつつ、過去のデータを出してきました。
すると、なんと以前に家系図を作成したかたの戸籍にも登場していた本籍地番とお名前でした。
ご依頼いただいたそれぞれのかたの傍系ご先祖様同士がご結婚なさっているではありませんか!

 

近いご親戚であるのならば、ご紹介いただいたということでご先祖様同士が共通することはございます。
しかしながら今回は地理的にも血縁的にもまったくつながりの無いかたからのご依頼でしたし、つながっていらっしゃるのは傍系のご先祖様同士です。

長いこと家系図作成に携わっていますといろいろなことがございますが、これには私も驚きました。

なんたる偶然、なんたる奇跡。とてもびっくりした出来事でした。