家系図Q&A

戸籍でさかのぼることが出来る年代

何年前の先祖までさかのぼることができますか?

今までの経験から申し上げますと、さかのぼれる年代は最大でも「文化」「文政」(1810年頃~1830年頃)時代にお生まれになったご先祖様およびその一つ上の世代のご先祖様のお名前までとなります。
役所より入手出来る最も古い戸籍謄本は明治19年頃に編成されました通称「明治19年式」と呼ばれるものになります。この「明治19年式」の戸籍は既に廃棄されてしまった役所もあり、また、戦災などにより焼失してしまっている場合もあります。
何年前までさかのぼれるかは古い戸籍の保管状況や古い戸籍に入籍されている方の出生日により異なりますので、何年前のご先祖様までさかのぼれるかはご依頼人様ごとに異なります。

何代前の先祖まで判明しますか?

結論から申し上げると平均で5代ほどです。
何代前のご先祖様までさかのぼれるかは、古い戸籍の保管状況・ご依頼人様の年齢・ご先祖様の出産時の年齢によってご依頼人様ごとに異なります。
仮に1800年出生のご先祖様までさかのぼることができ、その方を初代とします。初代からずっと20歳の時にお子様が誕生していれば1980年生まれの方は10代目となりますが、初代からずっと60歳の時にお子様が誕生していれば1980年生まれの方は4代目となります。
古い戸籍の保管状況が良好でありご先祖様が比較的若いときにお子様が誕生していれば7代さかのぼれることもありますが、戦災で戸籍が消失して3代しかさかのぼれなかったということもございます。

必ず江戸末期出生の先祖が判明しますか?

必ず判明するわけではなく、役所での古い戸籍の保管状況によります。
古い戸籍は、転籍や家督相続などの理由によりその戸籍簿の中に誰も記載されなくなりますと除籍と呼ばれるものになります。この除籍の保存期間は2010年以前は80年と定められていました。現在は法改正により除籍後150年となっています。
保存期間を過ぎても役所で保管されていた場合もありますが、すでに廃棄されてしまった場合もございます。江戸末期出生のご先祖様が判明するかどうかは、役所での除籍謄本の保管状況次第ということになります。
また、東京都の旧麹町区(現在の千代田区)や小笠原父島、名古屋、大阪、沖縄などの一部の市町村では、戦災により古い戸籍謄本が焼失してしまっている場合もございます。
今までの経験から申し上げますと、地方よりも東京23区内、大阪市、名古屋市、仙台市といった都市部においては既に廃棄されてしまっている確率が高いように思われます。

 


 

巻物家系図のみの作成

自分で作った家系図で巻物家系図のみ作成しただくことは出来ますか?

巻物家系図のみの作成も承ります。その場合の料金は「作図費用」と「巻物家系図仕立て費用」となります。ご自身で作成した家系図の記載文字数や大きさなどのボリュームによって費用は異なりますので、別途お見積もりとなります。お見積もり自体は無料でいたします。

親類より家系図の写しをもらいましたが毛筆で読めません。現代文に直して家系図を作り直すことは出来ますか?

家系図や古文書を解読して新たに家系図を作り直すことも出来ます。文字のくずし具合や家系図のボリュームにより料金が異なりますので別途お見積もりとなります。

我が家には先祖伝来の由緒書があります。これをもとに巻物家系図を作成できますか?

巻物家系図のみの作成も承ります。そのための費用の構成は【(1)文献の判読費用】、【(2)家系図作図費用】、【(3)巻物家系図作成費用】となります。家系図作成のもととなる由緒書がいつ頃作られたかにより文字のくずし具合は異なると思いますが、費用は別途お見積もりさせていただきます。
古文書や家系図の解読も承っております。

 


 

過去帳

男系先祖の10代前までさかのぼる過去帳があります。これを二系統家系図に書き足していただくことは出来ますか?

過去帳からの情報を家系図に加筆することも承ります。まずは戸籍を調査して、その後に過去帳からの情報を家系図に書き足していきます。古文書や過去帳の読めないくずし字文字の解読もいたしております。
料金は、家系図作成料金+過去帳解読料金+加筆料金となります。巻物家系図作成費用は別途お見積もりとなります。

 


 

調査地域

当方、神奈川県より遠方の地ですが調査していただくことはできますか?

北海道から沖縄まで全国よりご依頼いただけます。戸籍は郵送で取得いたしますので日本国内であれば調査可能です。
戸籍以上の調査も全国対応いたします。

 


 

江戸末期以前の調査

自力で江戸末期までの戸籍謄本類を入手いたしました。これ以上さかのぼる方法を教えてください。また、江戸末期以前の先祖の現地調査はお願いできますか?

一般的な方法としては、先祖の菩提寺をたずねて過去帳を見させていただく、郷土資料館をたずねる、墓石を調査する、古地図、古文書などの文献を調べるといった方法がございます。
当事務所では戸籍による先祖調査はもちろんのこと、国会図書館や郷土資料館や文書館などでの文献調査、全国各地での現地調査もお引き受けいたしております。調査内容や調査地域により個別にお見積もりの上でご提案させていただいておりますので、よろしければご先祖様徹底調査ご案内のページもご覧ください。

郷土誌などの文献調査でも戸籍以上のことが分かる場合があると聞きましたが?

江戸末期から明治初期にかけてのご先祖様の暮らしぶりが類推できるような資料がみつかることもございます。郷土史は現地の図書館での閲覧が基本になりますが、東京の国立図書館や都立図書館でも全国の郷土誌を閲覧することが出来ます。
これまでの私の経験では、「先祖が庄屋をしており、そのときの暮らしぶりが記載されていた」、「先祖が商人であったため、江戸末期の町絵図に先祖の名前と商売の種類が記載されていた」、「明治初期に小学校建設に尽力したことと、その小学校の教師であったことが判明した」、「行幸に際し、おつきの方々に宿を提供した」といったことが郷土誌から判明したことがあります。
他社様にて戸籍調査のみをおこなった場合でも、図書館での文献調査をお引き受けさせていただきますので、よろしければこちらの文献調査ご案内のページもご覧下さいませ。

 


 

戸籍から判明すること

先祖について?生まれた場所、亡くなった場所などはわかりますか?

戸籍から判明するご先祖様の情報は、お名前・続柄・出生死亡日・本籍地などですが、さかのぼった世代のご先祖様については戸籍が編成された時期の関係からお名前のみしか判明しないこともございます。出生地や死亡地については古い戸籍では記載されていないため、判明しないこともございます。

家紋はわかりますか?

残念ながら戸籍から家紋は判明いたしません。
しかし、当事務所では別途、家紋調査もおこなっております。よろしければこちらの家紋調査ご案内のページもご覧ください。

 


 

先祖の職業

先祖が寺子屋で先生をやっていたと伝え聞いておりますが、先祖の職業はわかりますか?

残念ながら戸籍からはご先祖様のご職業まではわかりません。
しかし戸籍以上の徹底調査をおこなうことにより、判明することがあります。過去に郷土誌を見ていたら、とある寺子屋の先生たちのお名前が記載されていたこともありました。
また、徹底調査をおこなうことによって、士族のかたであればどれくらいの俸禄をもらっていたかがわかることもあります。

 


 

先祖の身分

父親より、先祖は武士であるときいております。戸籍からわかりますか?

古い戸籍謄本をみますと、お名前の上や右側の余白のところに塗りつぶされた跡があります。ここには戸籍編成当時に「士族」「平民」といった事項が記載されておりました。ですが、昭和40年代までには全て削除されましたため、現在では戸籍から知りうることができません。

 


 

名字

江戸時代には、庶民には名字が許されてなかったと聞いたことがあります。江戸末期の先祖に名字ありますが、これは全員士族であるということですか?それとも何かの間違いですか?

庶民が「名字」を名乗ることを許されるようになったのは、確かに明治初期になってからです。江戸時代においては、武士や名主といった一部の階級のみに「名字」を名乗ることが許されておりました。
しかし、江戸時代にはすべての庶民が「名字」を持っていなかったわけではなく、おおやけの場で名乗ることが許されなかっただけです。表向きは「名字」を使用することは出来ませんでしたが、菩提寺などの記録(過去帳や、寄進帳など)には、江戸時代であっても「名字」は記されている場合もあります。

 


 

戸籍謄本・除籍謄本について

どのように戸籍謄本類を収集するのですか?

戸籍謄本類は委任状をいただきまして、役所より収集いたします。申し込み時に数通の委任状をいただきまして、足りなくなった場合には追加で委任状の記入をお願いしております。

古い戸籍は廃棄されていると聞きましたが?

戸籍は、転籍や家督相続などの理由によりその戸籍簿の中に誰も記載されなくなりますと除籍と呼ばれるものになります。この除籍の保存期間は2010年以前は80年と定められていました。現在は法改正により除籍後150年となっています。
保存期間を過ぎても必ずしもすぐに廃棄されていたのではなく保管されていた場合も多々あります。しかし、すでに廃棄されてしまった役所もございます。一度廃棄されてしまった戸籍は法改正後も残念ながら取得することは出来ません。

自分で戸籍を申請したところ役所より廃棄済みの回答がありました。こういった場合、行政書士に依頼すれば取得できますか?

既に廃棄されてしまった戸籍を入手することは残念ながら私や他の行政書士でも出来ません。

 


 

家系図作成費用

家系図作成費用はいくらですか?

詳しくは家系図作成料金のページをご覧下さい。

支払い方法は?

銀行振込、郵便振替、クレジットカード決済がご利用いただけます。

支払いのタイミングは?

お申し込み時に家系図の種類に応じたお申込み金をお支払いいただき、戸籍収集完了時に残金をお支払いいただきます。

 


 

さかのぼる系統

自分→父親→祖父→曽祖父だけをたどってほしい

戸籍で可能な限りさかのぼるのでなく、曾祖父のお名前が判明したところまでの家系図作成も受けたまります

自分の男系先祖ではなく、母親の男系先祖をたどることはできますか?

父方の男系先祖に変えて、母方の男系先祖をたどることも可能です。

 


 

プレゼント

友人の父が亡くなり、友人が大変沈んでおります。そこで友人を励ますために家系図のプレゼントを考えておりますがお願いできますか?

戸籍やそれを基に作成した家系図にはその人のプライバシーに関する事項が多く記載されますので、あくまでもご依頼人様に関しての調査になります。ご友人の家系図を作成する場合には、そのご友人から直接の依頼をしていただく必要がございます。

 


 

家系図作成の使用ソフト

家系図に今後追加人物が出現したときのことを考えて、使用している家系図ソフトを教えていただけますか?

家系図作成には、専用ソフトを使用せずに「一太郎」というワープロソフトを使用しております。家系図完成後にデータをお渡ししておりますので、一太郎で作成したファイルを編集できるパソコンソフトであれば家系図の加筆修正は可能です。

 


 

写真

家系図に顔写真を入れることは可能でしょうか?

申し訳ございません。家系図に写真を印刷することは出来ません。
ただし、家系図の付属書類の系譜でしたら写真を入れて印刷することは可能です。ご希望の場合にはご相談ください。

 


 

お申し込みについて

未成年でも申し込めますか?

申し訳ありませんが、未成年の方からの申し込みはお断りさせていただいております。

自分と妻の家系図を作りたいのですが?

戸籍はプライバシーに関する重要な書類であり、あくまでもご依頼者様の直系先祖のもののみ取得することが出来ます。したがいまして、たとえ夫婦であっても家系図作成を理由としてお互いの配偶者の先祖の戸籍を取得することは出来ません。
奥様の家系図作成もご希望の場合には、別途、奥様からのご依頼も必要となります。ご夫婦同時にお申し込みいただければ料金は10%割引させていただきますので、詳しくはご夫婦同時申込み割引ご案内ページをご覧下さい。

私と妻とのあいだの子供を依頼者とした場合、自分と妻の家系図が出来上がりますか?

質問者様のお子様をご依頼者様として、たとえば「二系統」の調査範囲でお申込みをいただいた場合には特にご指定がございませんでしたら「質問者様の父方男系ご先祖様」と「奥様の男系ご先祖様」をさかのぼります。
質問者様のお子様をご依頼者様として「全系統」の調査範囲でご依頼をいただいた場合には、「質問者様のすべてのご先祖様」と「質問者様の奥様のすべてのご先祖様」をさかのぼります。

ただし、お申込みは20歳以上のかたとさせていただいておりますので、質問者様のお子様からご依頼をいただく場合にはお子様が20歳以上であることが必要となります。もしお子様が20歳未満であったり、お子様からのお申込みをいただけない場合には、ご夫婦それぞれからのお申込みが必要となります。
また、途中経過のご報告や家系図の引き渡しに関しては、原則としてご依頼者様ご本人様あてとさせていただいておりますので、お子様宛の家系図や戸籍の引き渡しとさせていただいております。

ご夫婦同時にお申込みいただけます場合には、それぞれの家系図作成価格を10%割引させていただいております。ただし巻物家系図などのオプションは除きます。
詳しくはご夫婦同時申込み割引ご案内のページをご覧くださいませ。

 


 

その他

Q&Aをみてもよくわからないんですが・・・

つたない説明文章で申し訳ありません。その場合にはご遠慮なくメール、お電話にてご質問くださいませ。
お問い合わせフォームもご利用下さい。

 

行政書士橋本雅幸事務所


戸籍調査・文献調査・本格的現地調査でご先祖様探し