明治5年式戸籍は取得できるか?

明治5年式戸籍
明治5年式戸籍

 

現行法上取得できる最も古い戸籍の様式は、通称、明治19年式戸籍と呼ばれるものになります。

この明治19年式戸籍の一つ前の様式に明治5年式戸籍もしくは壬申戸籍ともよばれる様式の戸籍がありました。
しかしながら、この明治5年式戸籍は保存期間満了でどこの役所においても閲覧や取得することは残念ながらできません。

ですが家系図作成を業務としておこなっていると、今でも時折明治5年式戸籍を見かけることがたまにあります。
数十年前までは取得することができましたので、お客様がそれをお持ちであったりご親戚のどなたかがお持ちであったりした場合です。

 

また、ごくまれにではございますが、郷土史や郷土資料などでもみかけることがあります。
郷土史編成地域すべての壬申戸籍が判明した経験はまだありませんが、先日の調査では歴史上有名な方の明治5年式戸籍の写真が郷土史に掲載されていました。

他にも、明治5年式戸籍そのものの掲載ではなく、パソコンで打ち直したものが掲載されていたこともありました。
先日の調査では、なんと対象地域の当時の村内すべての古い戸籍の一部分が掲載されていました。
この地域では明治5年式戸籍よりも前に、戸口調査のような形で古い戸籍が作れていたようです。

 

明治5年式戸籍は、残念ながら今では行政の文書としては発行していただくことができませんが、民間に存在する資料や歴史的資料として、ごくまれにではございますが見かけることもございます。