婚姻日付の謎

「先祖から伝え聞いていた婚姻日と戸籍上の婚姻日が大きく異なるのですが、何故ですか?」

家系図作成業務をおこなっていますと、このような質問をいただくことがあります。
単に記憶違いと言うことも考えられますが、これまでにいくつかの事情をうかがったことがあります。

 

届出を出しに行けなかった
現代ほど交通事情が発達していなかった時代では役所へ届出をするだけでも一苦労といった地域もあったと思われます。
そのため婚姻をして事実上の夫婦でありながらも、届出が大幅に遅れたという事情をうかがったことがあります。

 

戸籍上の届出を出すことを許してもらえなかった
実際に婚姻生活をおくりながらも、子供が無事に誕生するまでは入籍届出をだすことを戸主である舅やその妻である姑に認めてもらえなかったということを聞いたことがあります。
時代や地域性なども関係するものと思われますが、子供が誕生してからすぐに戸籍上の婚姻届出が出されている例をいくつも見てきましたし、そのような理由があったということもうかがったことがございます。