小松藩士の調べ方

小松藩は愛媛県東部に所在した石高1万石の小藩です。

ご先祖様が愛媛県の小松藩士であったかたがご先祖様のことを調べるにあたり、参考となる文献をいくつかご紹介いたします。

(1)「小松町誌」

小松町発行 1992年
【所蔵図書館】 国立国会図書館、愛媛県立図書館など
【内容】 巻末に「文久三年小松藩士分限帳」による家臣団が収録されています。

 

(2)「禄高帳 小松県編」

明治4年
愛媛県行政資料
【所蔵図書館】 愛媛県立図書館
【内容】家禄帳、士族卒禄取調帳

 

(3)「会所日記」

家老や奉行などによって150年もの間書き継がれてきた会所日記という記録があります。
2001年に一般向けに出版されたものもありますので、ご先祖様が士族であった場合でもそうでない場合でも江戸時代の暮らしぶりを類推できる資料であると思います。

 

 

ご先祖様が小松藩士であったと伝え聞いていらっしゃる場合には、まずは戸籍でご先祖様をさかのぼり、その後に上記でご紹介した文献を閲覧調査なさってみるのがよろしいかと思います。
東京近郊にお住まいの方でしたら、まずは国会図書館で「小松町誌」を閲覧なさってみてはいかがでしょうか。

当事務所では戸籍調査はもちろんのこと、国会図書館での文献調査もお引き受けいたします。
また、愛媛県内の図書館で文献閲覧調査も代行いたします。

ここでご紹介した資料・書籍の他にも、小松藩士に関して図書館で見ることができる書籍はまだまだたくさんあると思います。