奇跡のような出来事

スタンダード家系図は戸籍をかなり読み込んだ上で作成しますので、お名前や本籍地番をしばらくは私も記憶しています。

現在ご依頼をいただいている案件で戸籍を眺めていると、どうも見覚えのある地名と地番、そしてお名前。

 

「まさかね…」などと思いつつ、過去のデータを出してきました。
すると、なんと以前に家系図を作成したかたの戸籍にも登場していた本籍地番とお名前でした。
ご依頼いただいたそれぞれのかたの傍系ご先祖様同士がご結婚なさっているではありませんか!

 

近いご親戚であるのならば、ご紹介いただいたということでご先祖様同士が共通することはございます。
しかしながら今回は地理的にも血縁的にもまったくつながりの無いかたからのご依頼でしたし、つながっていらっしゃるのは傍系のご先祖様同士です。

長いこと家系図作成に携わっていますといろいろなことがございますが、これには私も驚きました。

なんたる偶然、なんたる奇跡。とてもびっくりした出来事でした。