軍歴証明書の申請時に必要な戸籍について

軍歴証明を申請するにあたり、本人以外の三親等以内の親族が申請する場合においては、旧海軍・旧陸軍を問わず親族であることを証明する書類の添付が必要となります。

親族であることを証明する書類とは、戸籍を取得して添付いたします。
戸籍には出生から死亡までにおける婚姻や養子縁組などが親族的な身分関係が記載されますので、それによって親子関係を証明することが出来ます。

 

 

仮に母方祖父の軍歴証明が欲しい場合には、申請者である自分と母親、そして祖父の戸籍が必要になります。
祖父に関しては終戦時の本籍地・死亡日が戸籍から読み取れなくてはなりませんので、1通ではなく複数の戸籍が必要な場合もあります。

自分や母親が養子縁組や結婚によって姓が変わっている場合には、その変更過程がわかる戸籍を要求されることもあります。

 

軍歴証明
クリックで拡大

上記の戸籍において見本五郎さんの軍歴証明が欲しい場合に、ハナさんの身分事項欄には従前の戸籍に関してまったく記載されていません。
このような場合には、ハナさんの戸籍において従前のことが記載されている戸籍がさらに必要となるかか、もしくは見本五郎さんの戸籍においてハナさんが見本太郎と婚姻したことが記されている戸籍が通常は必要となりますので注意が必要です。

「親子関係のつながりがわかる戸籍」についてどの程度まで要求されるかは都道府県庁によって異なると思いますので、よくわからない場合にはまずは申請書と一緒に戸籍を送ってみて、足りないと言われてから後から追加で送っていただいてもよろしいかと思います。

 

 


ピン軍歴証明書取得代行

軍歴証明書の取得申請はそれほど難しいものではありませんので、ご自身で申請していただくことも可能です。
しかし、普段あまり馴染みのない戸籍を取りそろえるのはなかなか大変な作業であると思います。
当事務所では軍歴証明書取得代行をおこなっており、添付書類である戸籍収集もいたしております。

詳しくは軍歴証明書取得代行のページをご覧くださいませ。