古い戸籍のお話し-5/5-最終回

戸籍が紛失した事案の続きです。

 

戸籍再製に代わる方法として私が考えた方法は、「戸籍受付帳」「戸籍に関する届出書」のコピーを入手する方法でした。

 

 

とても古いものでしたが、幸いなことにこちらは保管されておりました。
届出書のコピーと言いましても、行政証明書の一種でありますので費用もかかりますし、認証印も押印されています。

 

通常、こういったものの写しは入手できないのかもしれませんが、申請人であるご依頼者様が直系尊属の子孫であることと戸籍が紛失した事案であったために取得することができたのかもしれません。
発行出来る出来ないについての根拠は戸籍法や戸籍法施行規則などに書かれているかもしれませんので、後日、調査してみたいと思います。
今回は戸籍再製にいたらずとも、ご依頼人様の直系尊属に関してだけは必要な情報を得ることができました。

家系図作成に関しては徹底的にこだわる私の性格上、
役所:「戸籍はありませんでした」
私:「ハイ、わかりました」
では決して終わらせたくありませんでした。

 

通常よりも時間がかかり、紛失した戸籍に記載されていた事項を完全に把握することはできませんでしたが何とか結果を出すことが出来ました。
戸籍上の届出を確かに受け付けた記録やその届出書が残っており、かつ、当該役所では過去に戸籍を廃棄したことがない、にもかかわらず役所にも法務局にも戸籍が存在しないということは、結局のところ原因はなんだったのか?、と今でも不思議に思います。

 

 

古い戸籍のお話し1
古い戸籍のお話し2
古い戸籍のお話し3
古い戸籍のお話し4
古い戸籍のお話し5