ご先祖様のお墓探し

「先祖のお墓を探したいのですが、何か良い方法はありますか?」

 

家系図作成業務をおこなっていますと、お墓に関するご相談も多くいただきます。

江戸時代にお生まれになったご先祖様のお墓を探し出すにあたっては、まずは戸籍でご先祖様を可能な限りさかのぼり明治時代初期の本籍地までを特定することがやはり近道であると思います。

市町村合併で現在は大きくなっている市であっても、最も古い戸籍に記載されている町名や字名などを手がかりにご先祖様が住んでいたと思われる地域を絞り込むことができると思います。
そのうえで、寺院一覧などを頼りにひとつずつお調べしていくのがよろしいかと思います。

しかし、○○市内に先祖伝来の墓地があるのはわかっている場合であっても、戸籍の廃棄や滅失などによりその○○市が記載されている戸籍までたどり着けなかった場合には、墓地探し範囲も広大なものになり中々難しくなってしまうと思われます。

 

当事務所では戸籍調査の他にも、ご先祖様のお墓探しや家紋調査などの現地調査をともなう、ご先祖様の徹底調査も承っております。

まずはお気軽にご相談ください。

 

 

家系図作成講座のご報告(2014年1月期の3回目講義)

3月15日(土)は、よみうりカルチャー横浜にて家系図作成講座全3回のうちの3回目ならびに2回目の講義の補講をおこないました。

 

家系図講座

DSCF0143

家系図作成講座 家系図作成講座

 

受講者の多くの方が既に戸籍を取得してこられており、3回目の講義は実際の家系図の書き方を中心に講座を進めさせていただきました。
今回もたくさんのご質問をいただく良い雰囲気で講座を修了することが出来たと思います。

 

「楽しい講座だったー」
「祖父母以上の先祖の名前がわかってうれしいです」
「まるで小説家になって謎解きをしている気分になりました」
という受講者様の生の声を聞けて私も感無量でした。

 

家系図は業者に頼めばきちんとしたものをキレイに作ってくれると思います。
しかしながら、時間はかかってもつまずいてもご自身で家系図を作成することによって少しずつご先祖様を知ることが出来るドキドキ感を味わっていただくことができます
役所から送られてくる戸籍が入った返信用封筒をあけるたびに、私もワクワク感でいっぱいだった頃を思い出すことが出来ました。

参加していただきました皆様、誠に有り難うございました。

 

家系図作成講座の講師のご用命がございましたら、場所・日程・内容・費用等ご相談に応じます。
お気軽にお問い合わせくださいませ。

 

 

今後の家系図作成講座の日程などの詳細は下記ページよりご確認いただけます。
家系図作成講座ご案内のページ

 

 

 

巻物家系図のみのお仕立て

巻物家系図のみ作成していただくことは出来ますか?

 

当事務所では既に戸籍調査を完了していらっしゃるかたや、ご自身で作成なさった手書きの家系図を巻物家系図に仕立てることも承っております。
巻物家系図見本ご紹介ページ

巻物家系図のみの作成の場合には、私の方で一度パソコンで打ち直してレイアウトし下書きを作成します。
パソコン印刷版巻物家系図はそれを印刷し表装していただきます。
書家代筆版の巻物家系図では、私の方でレイアウトしたものを書家先生に代筆していただきます。
そのため巻物家系図のみの作成の場合には、下記料金にプラスしてレイアウトを作る費用がかかります。

また、記載する系統による料金の相違は戸籍から作る場合の家系図のものであり、お客様がご自身で作成した家系図の場合には記載している情報量により料金が上下いたします。
巻物家系図のみの作成の場合には一概にいくらとお答えすることは難しいので、まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
お見積もりは無料でいたします。

 

パソコン印刷版巻物家系図

・ 一系統  35,640円
・ 二系統  36,720円
・ 全系統  37,800円

書家代筆版巻物家系図 仮巻仕立て

・ 一系統  62,640円
・ 二系統  78,840円
・ 全系統  95,040円

書家代筆版巻物家系図

・ 一系統  97,200円
・ 二系統 118,800円
・ 全系統 140,400円

 

 

 

婚姻日付の謎

「先祖から伝え聞いていた婚姻日と戸籍上の婚姻日が大きく異なるのですが、何故ですか?」

家系図作成業務をおこなっていますと、このような質問をいただくことがあります。
単に記憶違いと言うことも考えられますが、これまでにいくつかの事情をうかがったことがあります。

 

届出を出しに行けなかった
現代ほど交通事情が発達していなかった時代では役所へ届出をするだけでも一苦労といった地域もあったと思われます。
そのため婚姻をして事実上の夫婦でありながらも、届出が大幅に遅れたという事情をうかがったことがあります。

 

戸籍上の届出を出すことを許してもらえなかった
実際に婚姻生活をおくりながらも、子供が無事に誕生するまでは入籍届出をだすことを戸主である舅やその妻である姑に認めてもらえなかったということを聞いたことがあります。
時代や地域性なども関係するものと思われますが、子供が誕生してからすぐに戸籍上の婚姻届出が出されている例をいくつも見てきましたし、そのような理由があったということもうかがったことがございます。

 

 

 

家系図作成講座のお知らせ(2014年1月期の3回目講義)

平成26年3月15日(土)に家系図作成講座をよみうりカルチャー横浜において開講いたします。
今回は全3回のうちの第3回目です。

おかげさまで補講のご要望もいただき、第3回目終了後に第2回目の講座の講義も続けておこなうことになりました。

 

家系図作成講座テキスト
第3回目のテキストもようやく出来上がりました。

 

 

今後の家系図作成講座の日程などの詳細は下記ページよりご確認いただけます。
家系図作成講座ご案内のページ

 

 

 

家紋調査について

「自分の家の家紋がわかりません。家紋を調査していただくことはできますか?」

家紋調査依頼・家紋調査のご相談を多数いただいております。
当事務所では家紋調査もお引き受けいたします。

 

家紋の調査をするにはいくつかの方法がございます。

一番確実な方法は、墓石に家紋が刻まれていればそれを確認する方法です。
祖父の本家のお墓や曾祖父の本家のお墓など、本家筋の方々のお墓を確認することで家紋が判明することがございます。

 

ご先祖様のお墓に家紋が刻まれていない場合には、江戸末期にご先祖様が居住していらっしゃった場所の菩提寺で同族にあたる方々のお墓を確認することで、江戸末期から明治期にかけて使用していた家紋が判明することがあります。

ただし必ず判明するものではなく、ご先祖様がお墓を移設して菩提寺が不明な場合、宗教宗派や地域性・墓石が建てられた年代などにより墓石に家紋が刻まれていない場合もございます。

家系図作成と平行して家紋調査をおこなう場合には、まずは戸籍で可能な限りのご先祖様をさかのぼり、菩提寺の手がかりをさがすところからスタートいたします。
必要に応じ、戸籍から判明した遠縁にあたる方々に連絡をとりながら調査を進めていきます。
調査費用は、実際に現地に赴いて調査をいたしますため、江戸末期にご先祖様がどこに住んでいらっしゃったのか、菩提寺の場所がどこにあるのか、また、菩提寺がある場所をご存じでいらっしゃるのかにより異なります。

 

現地調査以外にも文献からも家紋の概要を調査することができます。
名字を参考に、良く使用されている代表的な家紋を調べたりすることができます。
また、地域を特定して、例えば「この地域の○○という名字は、○○の家紋を使用していた」というようなことも調べることができる場合がございます。
しかしながら、家紋はどのような絵柄を使用することも自由ですし、途中でかえることも自由です。分家した際に本家特別するために絵柄を多生変更したりすることもあります。

そのため、江戸末期から明治初期に使用していた家紋が判明したとしても、その後に変更したかどうかなどの詳細は分からない場合もあり、実際に調査をおこなってみないと判明するかどうかはわからないというのが実状でございます。

 

家紋調査のご用命、費用のお見積もり、ご相談は下記ページをご覧ください。
家紋調査代行ご案内のページ

 

 

 

戸籍調査・文献調査・本格的現地調査でご先祖様探し